邪悪道

「攻略記」に関してはネタバレを含み、「攻略」になっていません…
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ツイッティン
..
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Fallout4攻略記(一旦クリア)
はい、そこザワザワしなーい。

はい、注目ー。



えー、今日はね、ダイヤモンドシティで記者をやってらっしゃるパイパー先生にね特別講師としてね、来ていただきました。

はい、ザワザワしなーい。

そこ、パイパー先生をエロい目で見なーい。



はい、そこピップボーイでパイパー先生を盗撮しなーい。



まー、少年少女への性教育もこれぐらいにして、ブラザーの仕事に戻る。

人造人間支援団体レールロードの壊滅命令。

本部のある教会を取り囲む。

・・・

俺、本部の裏口から入れるんだよなー、ヘタすりゃタイムカードとかあったりするよなー、ほら一応バイトしてたから。

そこはまー、一応ね、作戦って事でね。盛り上がる所だしね、手順に従います。



パワーアーマー装着してっから元バイト君ってバレてないよね?

そこはさ、一応さ、元同僚だったりする訳だかんね。



さようなら、レールロードの女ボス。



さて、後の目標は人造人間製造組織インスティチュートだそうだ。

そう、俺が先日逃げてきた本部だ。



ブラザーのロボ、頼もしいねー。

インスティチュート内部へ。

次々と人造人間、インスティチュート幹部を殺害。

爆薬を仕掛け。



ファイヤー。

さようなら、インスティチュート。


ブラザーで出世し、なんか称号を得ましたよ。

後は各地に残る面倒事を片付ける事になりそうだ。



一旦、旅をここで終わりとします。



さようなら、放射能と瓦礫の世界。



Fallout4攻略記14
放浪。

先日、町中を敵に回したグッドネイバーへ。

ほとぼり冷めたみたいね。襲われなくなった。

やー、その節は大変だったすね。

酒場で殺人ですってね、物騒ですね。せちがらいですね。

酒場の殺害現場に行ってみると死体がゴロゴロと。

その節は慌てて逃げてしまっていたので、死体からせっせと装備を剥ぎ取る。


グッドネイバーの市長、キャプテンハットをかぶったグール。

なかなか話がわかる奴なので、仲間にする事に。

しばらく共に放浪する。

拠点に帰ると、女性記者パイパーちゃんが甘い声ですり寄ってきた。

え?何?

ロマンスの予感・・・

完全にそういう空気。

甲斐があった。今までのパイパーちゃんとの生活。

基本的に半裸で連れ回したり、時には命懸けで赤いドレスをプレゼントしたり。

僕たち、恋人同士になりました。



グールのオッサン・・・見切れてるんだけど。

今、スゴくいいシーンなんだけど・・・

まー、グールのオッサンの眼差しが暖かいのでよしとする。




早速、肉体関係。



さて、キリがないので出掛けるか。

え??



女戦士ケイトにも告られる。

モテキのようです。

お前、今さらなんだよ。薬物中毒を治してやった時なんてそっけなかったのによー。

それにね、俺にはパイパーがね・・・

・・・

あ、そう?

まー、そう言うなら・・・







息子よ。今はなき息子よ。ジジイになっていて俺が殺してしまった息子よ。

父さんもこの世界で、幸せを見つけたよ。
Fallout4攻略記13
インスティチュート内部で大暴れし、ブラザーの偉いさんに怒られたので職場放棄。

全く知らねーよ、クソが。

新入社員に対しての愛がないのよね。






スーパーミュータントに捕らわれていたオッサンを助けてみたり。



助けた瞬間に殺してみたり。

人生いろいろ。

ブラザーの仕事する気がなくなったので、放浪。

グッドネイバーとかいう集落に。

地下の酒場で。



赤いねー。

赤すぎるねー。

真っ赤なドレスで歌うおばさん。



・・・





殺害し、真っ赤なドレスをいただく。

留守番している女性記者パイパーちゃんのおみやげにするのだよ。


酒場大騒ぎ。

やー、ドレス1枚で騒ぎすぎだろお前ら。

片っ端から殺害。

めんどくせーなー。

よし!

逃げよう。


酒場から逃亡。

これでこの酒場出入り禁止だなー。

仕方ないよなー、だいぶ殺したしなー。


と、通りに出ると・・・


村は総出の大祭。どんどんひゃらら、どんひゃらら。

集落の全員から一斉に襲われる。

今日はめでたいお祭り日。どんどんひゃらら、どんひゃらら。

酒場のおばさんを殺ったのがマズかったようだ。

スゲー勢いなんすけど。

とりあえず建物に逃げ込む。



建物の中の方が大勢いやがった・・・

大怪我しました。

死にかけてます。

「命からがら」という言葉を辞書で調べたなら「留守番をしている女性にちょっとエロそげな真っ赤なドレスを着せたいだけで数人を殺害し、その報復で集落全体を敵に回したオッサンが真っ赤なドレスを握りしめ、大怪我し泣きながら逃げているさま」と書いてあります。



よく似合うじゃないか。

ただね、忘れないでおくれよ。

そのドレスの赤さはね、血の色の赤さ。


Fallout4攻略記12
(ネタバレ注意)

あらかた放浪したので、いい加減赤子問題に決着をつける為に奔走。

人造人間を産み出している組織「インスティチュート」が怪しいようだ。

そのインスティチュートに潜入するにはテレポーテーションしなければならないとの事。



ブラザーの組織と協力して、基地内にテレポーテーション装置を作成。

協力と言っても科学者はなんもしてくれないので奔走。

全くこの世界の人々は優しくない。

テレポーテーション装置が完成。

えー、わかってますよ。どうせ俺が1人で行くんでしょ?

どうせ行くなら的にブラザーの偉いさんにおつかいも頼まれる。

インスティチュート内部にいる科学者を探して欲しいそう。


テレポーテーション。人造人間製造組織インスティチュートへ潜入。

エレベーターを進むとそこには。



赤子から成長した息子ショーンの姿が。

ん?俺、さすがに10年間成長するほど下着姿の女性達と放浪してなかったよ?

さらわれた時には乳飲み子だったよね?

え?自分では気付かない内に10年も赤子を放置して遊んでいたっていうのかい?

まー、それに近いけどもだ・・・


まー、いいや。

ほれ、父だぞ。息子よ。

知らんオッサンだと取り乱すショーン少年。

まー、俺もお前の成長とか見てねぇから知らん子供だけどな。

取り乱し、ファーザーとやらを呼ぶショーン。


や、ファーザー、俺じゃん一応。

待て待て、息子よ。

俺、ファーザー。




知らんファーザー登場・・・

は?意味わからん。

は?このショーン少年は実験体??

え?お前がショーンなの?



赤子ショーンがさらわれてからシェルター内で、60年の時が流れていたらしい。

組織に連れ去られた赤子ショーンは今やジジイとなり、組織のリーダーとなっていた。





面倒だから殺したよ。

訳わからないんですもの。

現実を受け入れられないんですもの。

だってね、赤子がね、10才になっちまったと思っていたらね、じいさんになってたりね、いきなり年上のじいさんに「父さん」とか言われたってね、そんなのね、まー、殺すしかないじゃん。

そもそも人造人間とか気に入らないんだよね。


おー、やべー。

リーダーが殺害され、組織内がてんやわんや。

よーし、自分のケツは自分で拭くぜ。

この組織、壊滅させてやる!!




無理ー、無理っぽいー。

人造人間とか超かたいー。

超いっぱいいるー。

偉いさんのおつかいの科学者探すどころの騒ぎじゃねぇ。



よし!

逃げよう。

テレポーテーション装置でブラザーの基地へ。



偉いさんにスゲー怒られる。

もう、普通に落ち込むぐらい怒られる。

始末書書く勢いで怒られる。

ここはね、大人としては。

そう、逆ギレさ。

や、インスティチュートが悪いんです。

や、リーダーとか知らないっす、まー、流れ弾とかで死んだかもしんないす。

俺、やってないっす。

あ、科学者もスゲー探したんすけど、いなかったっす。


とりあえずクビにはなりませんでした。
Fallout4攻略記11
女戦士ケイトに告白とかされなかったので、あっさり留守番に回し、女記者パイパーと旅に出る。

一応、世間体とかあるので服を着せる。

ほら、行方不明の赤子を探す旅なのでね、父親が下着姿の女性を連れていたらちょっとマズイじゃん。

赤子の手がかりを追っていると。



B.O.Sの飛空挺だそうだ。

あー、ブラザーの兵士のバイト最近行ってなかったね。

その前にレールロードのバイトにも行かないとな。



レールロード本部、ブラザーの飛空挺が飛んできたと大騒ぎ。

あ、そうなの?ブラザーとは敵対してんのここ?

決戦は近いだの、なんだの大騒ぎ。

ふむふむ、そうっすね、大変っすよねみたいな顔して頷くふりとかしてたけどね。

内心ひやひやですよ。

・・・俺、ブラザーのバイトしてんだけど

ヘタすりゃブラザーの内情まで話しちゃって、なんでお前そんな事知ってんの?と逆に疑われてもおかしくない訳ですよ。


兼務って事はないしょでそれぞれの組織でバイトしてたんだけど。

やー、大変すよねー。ブラザーとか言って調子に乗ってますもんねー。

や、ちょっと今月のシフト入れないかもしれません。

やー、ブラザーと戦うって事で大変な時期なのはわかってるんすけど。ほら?俺、赤子が行方不明じゃないすかー。


さようなら、レールロード。

もう、レールロード本部に来る事はないかもしれない。

だってね、戦力の差は歴然。

レールロード、教会の地下で細々と6人程度で活動。

ブラザー、飛空挺所持。



わーい、ヘリコプター乗れんの?


ブラザーのアジトに行ってみると、ヘリのお迎えが来ていた。

さようならレールロード、俺はブラザーに就職します。



やほーい。たのしー。

ヘリに備え付けのガトリングガンで地上を意味なく攻撃。

えー、意味はないです。楽しいだけです。

特に撃てとか指示ないっす。

ブラザーの偉いさんを紹介される。



はい、正社員希望です。

レールロードのバイトは辞めます。

一生懸命頑張ります。




パワーアーマーをいただけるようだ。

え?1個だけなの?

ケチだねー。山ほどあるんだからさー、もっとよこしなさいよ。

・・・

盗んでしまおうかしら。

隙を見て、パワーアーマー装着。

よし、このまま出てしまえばパワーアーマーいただきだ。



バレた・・・

撃たれてる!スッゲー撃たれてる!!

ごめんなさい、ごめんなさい!!

盗んでごめんなさい!

にしても撃たれすぎじゃないすか。

四方八方からそんなに撃たなくても・・・

新入社員のかわいいミスじゃないすか。

それを上司が総出で殺す勢いじゃないすか?



ここ、ブラック企業だったかな。
Fallout4攻略記10
皆さんこんにちわ、僕、デス。

赤子?

探してません。ブラザーの仕事がなかなか忙しくなってきてね。

まー、色々と仲間もできましてね。赤子とか後でもいいかなーなんて。




犬と女性記者は拠点で留守番。

その他の仲間になった男どもはサンクチュアリへ送る。

なにしているかは知らんし、彼らを下着姿にする事はないからご安心ください。

基本的に女戦士ケイトを同行させている。戦士というだけあって戦闘で役に立つのさ。

振り返ると、



えー、ジャバに固められたハンソロみたくなってますが、たまにエレベーターと同化したりするケイトです。


まー、格闘技場で奴隷として戦っていただけあってなかなかワイルドです。


ブラザーの仕事を終えて、建物から出ると

「ちょっと話がある」

と、乙女のような声で訴えてくる。

おや、珍しい声を出すじゃねぇか。

いつもスゴい勢いで悪態ついて敵に突っ込んでいるのに。

って、ちょっと待て!

なにかに噛まれてる!俺、噛まれてるって!

クリーチャーの生き残りに玄関先で襲われ超噛まれてる。

「話を聞いて欲しいんだ、ダメなのか?」

乙女は訴えてくる。

だから、噛まれてるんだって、あんた助けなさいよ!

「今じゃ、ダメなの?」

や、だからダメじゃねぇけど、クリーチャーに噛まれてるの見えてるでしょ?

ガウガウとかいってね、俺の右腕を食いちぎろうとしてるでしょ?

けっこう痛いよ、大怪我と言ってもいいんじゃないかな?

「話があるんだ」

助けるつもりはないんだね?そうなんだね?

オーケーオーケー、助けるつもりなしって事でいいね?



慌てて銃を抜き、クリーチャーを倒す。

危なかった・・・



で?

クリーチャーに腕を食いちぎられそうになっていた俺になんの話があるんだい?

普段と違ってずいぶんと乙女チックな声だったじゃねぇか、あれかな、告白されたりすんのかな?




麻薬中毒なんだって・・・

や、知らんがな・・・。


ずいぶん前から麻薬をやっていて、俺と一緒の時も後ろで隠れてやってたんだって。

そんな自分が嫌になり、薬物中毒から立ち直りたいらしい。

どこぞのシェルター内に薬物中毒をクリーンにできる装置があるらしい。

知らんがな・・・

あのね、俺はね、女性記者のパイパーちゃんとそういう関係になろうとしているんだよ?


まー、仕方ねぇ。

そのクリーンルームがあるというシェルターを目指す。

敵さんがかなり強く、来た事を早速後悔。

まー、でもケイトの好感度とか上がって間違いなく告白されたりするに違いない。

まんざらでもないさ、されたいさ告白。

シェルターの入口、プロテクトロボに襲われる。

もうこのロボのプロテクトっぷりが半端ない。

即死級のレーザーとか撃ってきやがる。

た、助けてー!

無理っぽい、これ無理っぽい!

ごめんなさい、告白されたいとか思ってしまってごめんなさい!

逃げながらライフル乱射。

ひたすら逃げながらなので近隣の民家に突っ込んだり。

民家の人もね、ビックリしたと思うよ。

民家の人的にはなにか困り事があって、人が来るのを待ってたんだと思うんだ。

だって「助けて欲しい事があるんだ」みたいなセリフを言いかけてたかんね。

したら、極悪プロテクトロボに追われてる告白される事を夢に見てるオッサンが泣きながらライフル乱射しながら逃げてきたってんだから。

「命からがら」って言葉を辞書で調べたらね「告白される事を夢に見たオッサンが、いい所を見せようとシェルターに向かったが、ロボットに襲われて、逃げているさま」と書いてある。間違いなく。

無関係な民家の人にロボを向かわせ、隙を狙い一気にロボを倒す。

すいませんね、知らん民家の人。

くそぅ、パワーアーマー着てくりゃよかったぜ。

シェルター内部にも敵さんウジャウジャ。

なんとか奥へと進んで行く。

ここか?



ケイトさん、クリーン処理中。

処理が終わったケイトさん、そりゃーもうスッキリしたらしい。

そりゃあ、よかった。

さぁ、なにか俺にね、言う事とかあるよね?


さぁ、ドンとこい!



・・・


告白とかありませんでした。
Fallout4攻略記9
皆さんこんにちわ、僕、デス。

秘密結社に就職して、おつかいの毎日です。

女性記者と行動を共にしています。




あ、下着姿な事は気にしないでください。



奥にいるのは、新たに仲間になったケイトです。

格闘技場で強制的に試合をされられていた所を保護しました。

あ、まー、下着姿って事は気にしないでいただきたい。


下着な仲間と旅を続けている俺。

赤子よ、行方不明の赤子よ。父は毎日が楽しいぞ。たくましく育てよ、赤子よ。

まー、そんな秘密結社での仕事が面倒になってきた。

そんなある日。



B.O.Sの兵士に出会った。

ブラザーフッド オブ スティール。

え?

あー、はい、一応は人造人間支援団体に就職してるんすけどね。

パートというか歩合制といいますか。

私としては正社員希望なんですけど、月給制ではないです、えぇ。

そもそも人造人間とか興味なかったりでー。

兼務?

あー、時間的にできると思います。


就職。


B.O.Sの兵士に。

こいつらと一緒にいればパワーアーマーとか奪えるだろ。

面倒になったら皆殺しにすればいい。

早速ブラザーとお仕事。

なんか見つけに行くらしい。

とある施設。人造人間がウジャウジャ。



一生懸命戦うブラザーをケイトと傍観。

大変そうだねー。でも人造人間とか恐いしねー。まー、大丈夫だろ兵士とか言ってんだからさ。

ん?このボタン押すの?

赤いボタンを押すと、なにやらエンジンが始動、極太な炎が噴射され、人造人間を焼き付くした、ブラザーも一緒に・・・

ヤベーよなー、、ブラザー絶対怒ってるよなー。

就職早々に説教だよなー、ヘタすりゃクビ
ですよ、上司を燃やせばそりゃクビですよ。



うわー、弱ってるもんなー。

ダグラムみたいに座り込んじゃってるもんなー。

やー、なんかスゴかったすね。ゴーとかいって燃えましたね。



アーマーがあったから助かったと回復するブラザー。

下着姿の女性を前に虚勢を張っているのかな。

まー、俺の仕業だとわかってないようなのでよかったけどね。


行方不明の偵察部隊を捜索するミッション。



殺してもーた・・・

せっかく見つけた生き残りの兵士を殺してもーた。

や、だって棚調べてたらこの人が後ろから撃ってきたんすよ。

まー、確かに会話そっちのけで棚調べてましたけどね。

兵士の世界もなかなか大変です。

Fallout4攻略記8
道端の赤いラインを辿って進むスタンプラリー的な事に挑戦中。

行く先々でレイダーやらスーパーミュータントやらがお出迎え。

ちっとも楽しくありません。

ヘタすりゃ死にかけます。

スタンプを押す代わりに複数の銃弾を浴びたりします。

大怪我しました。

それこそ、骨を折って損をし、くたびれを儲けました。

赤いラインの終着点、なにやら教会。


地下を進み、隠れ家的な扉を開く。




秘密結社に就職しました。

この世界に存在する人造人間を支援する団体だそう。

別に人造人間を助ける気なぞひとっつもないが、骨を折りくたびれを儲けただけでは気が済まないので「はい、わかってて来たんです」的な感じで仲間になる。

まー、仕事の内容は基本的に「おつかい」です。

まー、おつかい自体初めてではないのでね、複数の大人がカメラで撮ってくれる訳でもなく、その様子をスタジオで見て森口博子辺りが涙ぐんでくれる訳でもないのです。

「だーれにもー、内緒でー♪」

と、ご機嫌で飛び出した後に、スーパーミュータントに腕をもがれ

「しょげないでよ、ベイベー♪」

とかいう演出なんぞもないのです。

レールロードというその団体。基本的にドクターから仕事を受ける。

このドクター、偉そうでムカつくんだが仕事だから我慢する。

どうせ一般常識的に殺れないだろしね。

団体の隠れ家の安全を確保する危険仕事を終えて、アジトに戻る。



え?なんでこいつら男同士で一緒に寝てるの?

え?ドクターってそっち系?

俺が危険仕事終わらせて帰ってきてんのに寝てんじゃねぇよ!と、思う以上の現場を見てしまう。

やだなー、これからなんか意識しちゃうじゃん。

ドクターとか半裸の俺をそういう目で見てくるかもしんねぇじゃん。



団体の闇を見た。

転職しようかな・・・
Fallout4攻略記7
皆さんこんにちは、僕、デス。



ペットの犬です。謎な力で浮いていて恐いです。

そんな僕は放射能と瓦礫の世界を放浪しています。



ロケットランチャーとか奪って楽しいです。



とある町でグールの女に依頼された仕事。

ダイヤモンドシティの市長の金庫からお宝を盗み出すという。

あの市長、気に入らないから協力する事にする。

地下の洞窟を掘り進めて、金庫の地下から盗み出す計画だそう。

もう1人、男も計画に加わり、洞窟内を掘り進める。



マイアラークとかいうカニの化け物とか出てきて大変です。

途中、不完全な状態ながらもパワーアーマーを発見。

これはラッキーだ、電池も持ってる。

こいつは是非とも持ち帰ろう。



って、お前が着るんかーい!!!!

余計な突っ込みをいれさせるんじゃねぇよザコキャラが。

こっちの話だが、どうやってもパワーアーマー脱がないから結構前のデータからやり直してしまったではないか。

こいつ、後で絶対殺す。

結局、依頼主の女がウソをついていて、市長の金庫になんざ辿り着かなかった。

依頼主の女はその場で殺害。

醜い死体なので、画像は割愛。




今はトレイルだかなんだか知らないが、この赤いラインを辿って進むというスタンプラリー的な事に挑戦中。

きっと素敵な景品が貰えるに違いありません。

Fallout4攻略記6
シェルターに監禁されていた所を助けた探偵事務所に。



あー、秘書さんすいませんね、その節は殺そうとしちゃって。

赤子を探す為に探偵と行動を共にする事となった。

が、色々と面倒になったので後回しにする事に。

俺が行くまでたくましく育てよ、赤子よ。



さーて、放浪。

なにやらマンガ屋を発見。

楽しそうなので、中へ。



お? スタジオ??

よーし、記念撮影でもしちゃおうかしら。

と、思っていたら舞台裏からグールの群れがダッシュで飛び出してくる。

なんか光ってるグール、そして手下グール数匹。

劇団グール、舞台裏でスタンバってやがった。

「うふふ、そろそろ誰か来るかしら?」

「じゃあ、段取り確認するね、まず私が飛び出すからー、後からついてきてねー」

「楽しみねー、きっと驚くわよ、」



・・・あぁ、驚いたさ。


ちょっと待て!ちょっと待てって!まったく戦闘の準備してねぇよ。

弾薬がもったいないので、パワーフィストを装備し、ガッシガッシとグールを殴る、殴る、殴る。



劇団グール、沈黙。

俺、大怪我さ。

傷を癒すために近くのダイヤモンドシティへ。



シティの女記者が仲間になった。

群れるのは嫌いだけど、使えるヤツなら使う。

じゃ、とりあえず。



自宅に帰り、女記者に様々な衣装を着せて楽しむ。

防御力?

関係ねぇ、防御力より露出度が重要なんだ。




空が青いぜ。