ライブ強化週間その2

後半です。

 

放置ブログと化しているのでもはや面倒ですが、なぜか毎月数千件アクセスがあるのでなんとなく頑張ります。

 

ゲームの方はレッドデッド2とフォールアウトのオンラインを買う予定なのでやる気があったら記事にしますね。

 

もはやどの層の方々に訪問いただいているのかもわかりませんが。

 

 

 

10/12 半日仕事 赤坂でライブ

10/13 甲府でライブ

10/14 新木場でライブ

 

 

10/12 半日仕事 赤坂でDizzy Sunfist

 

半日仕事、この日は本部での勤務、面倒な女性陣との絡み。

 

珍しく半日勤務である事をいじられる。

 

えーと、ハイスタのTシャツを着てても通じない人々なのでね、伝えるのが大変なんですよね。(かつてWANIMAは通じる女子がいたが辞めた)

 

「えー、ライブっすよ。またパンクの」

 

「あー、またフェス??」

 

「・・・(なんでもかんでもフェスにすんじゃねぇ、で、イントネーションをフェス↓って下がるんじゃなくフェス↑って上げるんじゃねぇ、まー、確かに夏は毎月行ってたし、京都大作戦が中止になった時はあまりに悲しくて職場でも話題にしちまったけどさ、フェスとライブハウスは違うんだよ)・・・そう、フェス↓です。」

 

親しい同僚には公式に写りこんでる写真や動画を見せてやるが、面倒なのでスルーです。

 

いいです、人生裏街道、慣れてます。マス対コア、理解してもらおうとも思いません。

 

で、半日面倒仕事を終え、都会へ。

 

 

先週、ライブ連チャンの疲れにカロリーで対抗するべく食いまくっていたら、結果太るという悲しい出来事があったので、ラーメン我慢し会場へ。

 

なんなら赤坂のラーメン屋2件調べてあったのだが我慢しましたよ。えらいね。

 

ディジー、今回のツアー。

 

初日渋谷、途中地方甲府、で赤坂東京ファイナル。

 

わかりやすいぐらい成長してた。

 

セトリもよく、よいファイナルでした。

 

フロントは人口密度が高いので、下手ピットに所属。

 

知らん女子たちに事あるごとにリフトご指名されるので肩車。

 

覚えておいてね、オッサン頑張ってんのよ。腰とかヤバいのよ。

 

好きでやってるのでいいんですけどね。

 

とても気分がいいのでラーメン食べてしまおうとも思ったが普通に時間がないので駅でそば食って終電で甲府へ。

 

 

10/13 甲府カズーホール コールスロー企画

 

 

1500前、僕たちのカズーホールへ。

 

人々たくさん。

 

地元コールスローが用意してくれた「祭り」

 

どのバンドもコールスロー愛、甲府愛に溢れたいいライブ。

 

都会のライブから帰ってくるにも終電ギリだし、ツアーの日程も飛ばされがちだし、CDショップはないし。

 

そんな地方のライブハウスの祭り。

 

そんな田舎のライブハウスだからこそ、こういう1日が特別になり輝きを増す。

 

ツイッターにも書いたけど、元々山梨でも郡内の出身。結婚して甲府に越してきた。本当に甲府という街が嫌いだった。

 

今では甲府カズーホールが好きというだけでそんな嫌いはどうでもよくなっている。

 

当初、なんとなーくカズーへ。端っこでいいんでね、みたいな感じだったのがいつのまにかピットにいてね。いつのまにかマイクジャックとかしててね。いつのまにか皆顔見知りになっててね。

 

休憩時間にカレー食いながら常連さんたちと談笑。

 

フォロワーさんともつながりができたりね、なんかありがたいと思っておりまする。

 

そしてコールスローありがとう。

 

 

10/14 ECHOES新木場

 

 

ノーイヤー雨さんいわく「ハードコア全国大会」

 

まさにだよね。バンドも客も。

 

嫁と新木場へ。

 

甲府から全国大会に名乗りを上げたカズー常連たちも集結している。

 

おのおの、ノーイヤー、カズーホールのTシャツ。地方の誇りを持って全国大会に出場していてエモいです。

 

今日から発売されるノーイヤーパーカーを求め早々に物販に。

 

なんか全員集結してて手前にいた哲也さんに「あ、え、パーカーXLを!」ときょどりながら伝え、ワケンさんの「いつもありがとうございます」のお言葉にも「いえいえとんでもないです」とビジネスライクな対応しかできない、僕。

 

バンドマンと話すの、慣れないです。

 

 

 

とりあえずガーリックボーイズから。

 

もう・・・さすが全国大会・・・モッシュが「痛い」

 

でも、90年代から俺が育ってきたピットってこうなんだよね。

 

激しく、傍から見たら殴り合い、でもマナーはあるし愛もある。

 

でも、痛い。

 

ライブ連チャン3日目で全国なので、ほどほどにしておく。

 

もう、タイテが忙しい。

 

目当てを渡り歩き、ノーイヤー待機。

 

その前のwaterweedをとてもとても楽しみにしてたけど途中で抜けなければならない。途中で抜けられる気もしないのでノーイヤーを優先しました。

 

 

(デスを探せレベル12

 

なんかねー、これだけの人々がいるとうれしい。

 

知らない人たちがノーイヤーTシャツ着てるだけで酒おごりたくなる。

 

上から言う訳でも下から言う訳でもないけど、この中の人達カズーホールにも来てほしい。

 

マジで俺が車で送迎するから来て欲しい。

 

ピットが3人とかざらにある。

 

俺1人で哲也さんのダイブ支える日とかある。

 

それはそれでスカスカも最高なんだけどね。

 

 

ECHOES、最後までパンク・ハードコアを楽しむ。

 

KAMOMEKAMOMEは毎年ヤバいね。もうね、カモメのピット入りたくないから最前管理してたもん。

 

振り向くと、喧嘩レベルのモッシュピットが出来てました。

 

 

最後のハワイアンまできっちりピットで楽しんで、さすがにこの状態で田舎まで辿り着ける自信もないのでヘロヘロで品川に宿泊。

 

翌日、シャワーを浴びようとすると、もうアザだらけ。

 

今年もアザ程度で全国大会を終える事ができました。

 

 

 

ボンバイエもECHOESもまた来年楽しめるように頑張ります。


ライブ強化週間

「ライブ参戦は二ヶ月に一回程度にする」

 

ライブに慣れたくない、高揚感が薄れてきている、年齢的にも控えるべきだ。

 

2018年初頭の目標でした。

 

えーと、今年って2018年だったっけ?

 

あれ、おかしいね、30本以上・・・・

 

・・・えー、なかった事にしますね、そんな目標。

 

年々好きなバンドが増えるじゃないですかー、

 

バンドたちが色々とライブやるじゃないですかー、

 

自分で勤務組んでるから平日土日関係なく予定組めるじゃないですかー、

 

おぞましい本数行ってんな、今年。

 

ビバ、フリーダム。カモン、ベイビー、アメリカ。

 

 

で、そんな感じでフリーダムでいると時としてライブが連日続く予定になってしまう。

 

で、いくらフリーダムっつっても仕事もある訳で、ライブの日全部休みにする事も厳しくなってきた。で、半日仕事する。

 

9/29 半日仕事 甲府でライブ

9/30 半日仕事 甲府でライブ

10/1 渋谷でライブ

10/2 仕事

10/3 半日仕事 渋谷でライブ

 

 

10/12 半日仕事 赤坂でライブ

10/13 甲府でライブ

10/14 新木場でライブ

 

この予定をカズー常連さんに「強化週間」と呼ばれ、気に入ったのでその言葉を使う事にしました。

 

体力的にも年齢的にも社会人的にも、普通なら無理だと思います。ライブ本数削るべきだと思います。

 

でも、やっぱどのライブも見たいのですよ。

 

なので「体力をつける」という方向で解決する事にした。

 

たぶん、間違っている。

 

シコシコと日々ジョギング、筋トレ。

 

アミノバイタルを買い足し、湿布も買った。

 

時々、自分でもおかしいと思うのですよ、俺なにやってんだろうとね。

 

もし、これを読んでいる20代の方がいましたらね、覚悟しておきなさい。

 

オッサンになるという事を。

 

もう、疲れとか腰にくるのですよ。ダイバー上げるなんてオッサンの体的にどれだけ負担がかかる事か。ジョギングでもして鍛えてなければ足とかあっさりとつる訳ですよ。

 

だし、普通に立ってライブ見るだけならまだしもだ、時に走り、時に人々と体をぶつけ合い、時に人々を持ち上げ支え、そりゃあもうダメージは大きいのですよ。

 

まー、普通に見ればって話なんですがね、僕が育ってきてしまったのはモッシュピットという場所なものでね。

 

好きな音楽を好きなように楽しむ為に、できる努力はしているのです。

 

で、9/29 半日仕事 甲府カズーホール

 

 

トリプルレコ発。

 

酒クズの皆さんが集結する企画。

 

酒の飲めない人間としては最初はこの雰囲気が正直苦手だった。

 

何回か企画を見る内にこの自由すぎるフロアが面白くなってきてね。

 

今ではすっかり爆笑しながら楽しんでいる。

 

実家の面倒でトリ前に離脱してしまったが、楽しい夜だった。

 

ほんと、どのバンドももっと評価されるべきだと思う。

 

 

9/30 半日仕事。甲府でIKKI NOT DEAD企画

 

台風直撃の予報。つか、直撃。

 

関東でこの日ライブやってたの甲府カズーホールだけだったでしょ。

 

前日、当日の朝から各地でのライブ・フェスが軒並み中止となっていく。

 

もう半分以上諦めていた。

 

KAMOME KAMOME、HAWAIIAN6、SABANNNAMAN、THE NO EAR

 

もう、全バンド好き。好きが渋滞するぐらい。

 

甲府のこの企画が発表された時、カズー常連たちがザワついたんだから。

 

で、職場で数少ない俺の裏の顔を知る男、かつてGLFに誘ったK君もこの日はカズーに遊びにくる事になっていた。

 

俺と違い彼の部署は忙しく、休みも自由にならない。いつも色々とライブに誘っても休みの調整がつかない。

 

そんな彼がこのIKKI企画の日は大好きなサバンナマンが見れる予定だった。

 

神よ! おお神よ! なぜ台風なのだ!

 

神よ!! 彼にサバンナマンを見せてあげておくれよ!彼、頑張ってんだよ!

 

まー、ついでに俺にも全バンド見せておくれよ!俺、あんま頑張ってねぇけど。

 

で、神には想いは通じず、台風は張り切って全力で関東に向かってきていた・・・

 

神なぞなんの役にも立たなかったが、そこはIKKI NOT DEAD。キャパがパンパンなのにダイバーの空間の分だけ当日券出してしまうIKKI NOT DEAD

 

「決行」

 

ありえないwww

 

半日仕事していて、もう職場でガッツポーズ。

 

1回諦めていたのでもう嬉しくて嬉しくて。

 

で、カズーに向かう。

 

 

 

「え?フロア??」って普通にでかい声でリアクションしてしまった。

 

続々と台風の中集結してくるクレイジーなライブハウス愛に溢れた人達。

 

職場のK君も参戦できた。よかったよかった。

 

このメンツをフロアで贅沢に楽しむ。

 

周りは顔見知りばかり。

 

バンドマンも各バンドの演奏を楽しそうに見ている。

 

IKKI NOT DEADのレーベル愛。

 

こんな台風直撃の中、箱の中は最高にクレイジーな空間になっていた。

 

忘れられない夜がまたひとつ増えました。

 

こんな夜があるからライブハウスに通うの止められないんだよね。

 

帰り、案の定の「暴風」

 

外出て1秒で広げてもいない傘が吹っ飛ぶ。

 

 

絶対、今日、ライブやっちゃダメだってwww

 

そんなクレイジーなIKKI、カズーホールがまた一段と好きになりました。

 

 

10/1 打首獄門同好会 渋谷

 

休みではあるが徐々に疲れは溜まってきている。

 

そもそもこの日はカズー2デイズの疲れを抜く為に休息日として休みにしてあった日。急遽その日が打首さんサカムケ卒業祭りとなったのだ。

 

朝起きる。まだまだ眠い。そして前日の台風の影響も残っていて、都内へ向かう特急電車が軒並み運休している状況であった。

 

朝から気が気ではない。

 

バスは動いているようだ。なので午後に予約してあった特急電車をキャンセル、高速バスを予約し直したり、色々と対応。

 

午後までゆっくりしていたかったが、バスで早めに渋谷に向かう事にした。

 

昼過ぎ、俺が甲府駅に着く頃には列車のダイヤは回復しており、本来乗る予定だった特急がスタンバイOKでやんの。

 

裏目っとる・・・・

 

当初の予定より早くバス乗車。

 

隣になんかでかいチャイナ男。

 

最悪だ・・・ただでさえバス狭いのに。

 

眠りについたチャイナ男の足やら頭が完全に我が日本国の国境を越えて侵略され始めた。

 

緊張感が増す国境地帯。

 

足でガン! 肩でドン!

 

抗争は2時間続いた・・・

 

で、事故渋滞で遅れに遅れるバス。だからバス、嫌い。

 

安眠もできずに渋谷。

 

先行物販を買い、回転寿司で腹ごしらえ。

 

 

ライブはこの日卒業するVJサカムケ愛に溢れるライブであった。

 

つか、ソールドのO-EASTがパンパンすぎてフロアとしてはキチキチすぎたけど。

 

帰りにラーメン食って、終電で帰宅。

 

深夜2時過ぎに就寝。

 

10/2 普通に1日仕事。

 

5時間ぐらいしか寝れてなく、ライブ三連チャンの疲れが溜まりに溜まり、かろうじて仕事する。

 

朝から普通に上司に「あ?なに?」とかタメ口で対応しているし、電話対応がごまかしきれないぐらいカミカミで自分で笑ってしまうぐらいだし。

 

段差のない場所でこけた時に実感した「あ、俺、疲れてる」

 

10/3 半日仕事 渋谷でOVER ARM THROW

 

半日仕事、この日はもう1人の担当と一緒に外回り。

 

朝から「クソだなこいつ」とか毒を吐きまくる俺に「どうしたんすか?今日一段と毒がスゴいw」と言われてしまいました。

 

疲れていてただ単に素が全面に出ているだけだと説明致しました。

 

早めの昼で家系ラーメンとライス。疲れにはカロリーで対抗するしかないのだ。

 

午後から渋谷。おとといもいた渋谷。

 

OATの15周年ワンマン。

 

 

開場から開演まで2時間、写真展やらDJやら、退屈する事なく楽しく。

 

ライブも曲数多く、新曲まであり、帰りにはシングル発売と。

 

最初から最後まで楽しめる最高のワンマンでした。

 

この日、開演までフロアでボーっとしてたら女の子に「甲府の方ですよね?」と声をかけられ色々と話したのですが、なんか俺カズーでそんなに目立ってんのかなと思いました。

 

まー、そりゃあれかね、スカスカのフロアでオッサンが暴れ狂ってたらそら目立つのかもしれないね。

 

本人的には全くそんなつもりはないのですけどね。フロアの端っこでちょっとおっちゃんにもライブ見せておくれぐらいの感覚なんですけどね。

 

おととい食べた回転寿司でまたたんまり食って終電で帰宅。

 

これにて、強化週間第1週を無事に終える。

 

結果。疲れはしたがライブはすべて最高であり、なんならラーメン・寿司・ハンバーガー、食いすぎてちょっと太りました。

 

 

 

またダラダラと長くなったので第2週はまた別記事にします


9月末からの予定(私用)

9/2910/3

 

9/29

9001300 仕事

 

☆甲府カズーホール

1630 開場

1700 開演

 

9/30

9001300 仕事

 

☆甲府カズーホール 「IKKI NOT DEAD

1730 開場

1800 開演

 

10/1 

甲府駅1409 スーパーあずさ18

☆渋谷O-EAST 「打首獄門同好会 サカムケ卒業祭り」

1800 開場

1900 開演

 

10/2

終日 仕事

 

10/3

8301230 仕事

甲府駅1409 スーパーあずさ18

☆渋谷O-EAST 「OAT ワンマン」

1700 開場

1900 開演

 

 

 

10/1210/14

 

10/12

8301230 仕事

☆赤坂ブリッツ 「Dizzy Sunfist

1800 開場

1900 開演

 

10/13 

☆甲府カズーホール 「コールスロー企画」

1400 開場

1500 開演

 

10/14

☆新木場コースト 「ECHOES2018

甲府駅929 かいじ106

1230 開場

1300 開演

品川で一泊

 

 

 

【注意事項】

・空き時間はなるべく寝て体力を回復させる

・アミノバイタル・レッドブルは惜しまず摂取する。薬に頼る

・半日仕事からのライブ連チャンが続くが、自分で組んでしまった予定なので文句を言わない

・半日仕事からライブ、ライブから翌日仕事、が続くがどうせ誰も褒めてくれないので優しくされなくても文句を言わない

・改めて予定を見て自分で引くが、生きて帰ろう


エアジャム2018に行ってきました

行ってきました。

 

一応状況の説明をしておきますね。

 

・エアジャム98 2000にかつて参加したオッサン

 

・エアジャム2000、アリーナ流出暴動に巻き込まれて死にかけ、アリーナに入れず最後スタンド席からさみしく・・・えーと、過去に「エアジャムと僕」という記事にしてあるのでもしよろしかったら読んでください。

 

そんな感じです。

 

まさにパンクから一旦離れるきっかけとなってしまったマリンスタジアムでのエアジャム開催。

 

嫁名義で当選。

 

ありがとう嫁のチケ運。

 

なのでチケット代、ホテル代、奢らせていただきました。

 

が、嫁、勤務の調整つかず、夜勤明けでの参加となる。

 

うん、なんとか頑張ってほしいと思います。

 

 

当時は友人たち数名で徹夜して並びましたが、大人になりましたので(ダルいので)朝730の適度な時間の特急を予約。嫁と合流するのも午後だしね。

 

しかし、朝5時に起きてしまう。フェスの日だけはおじいちゃん。

 

しかし、電車は730

 

暇とテンションを持て余し、甲府駅前を意味なくウロウロする。うん、本当に意味ない。

 

牛丼食って、コンビニ徘徊、パン屋でパン買って、みどりの窓口で行きもしない「行くぜ東北」のパンフレットを熟読。

 

うん、意味ない。そして我ながら怪しい。

 

甲府 → 東京 → 海浜幕張

 

海浜幕張、村は総出のおお祭り、どんどんひゃらら、どんひゃらら。

 

カオス。間違いなく2億人はいる。

 

後で知ったが、この日、エアジャム、ミセスなんちゃらのライブ、なんちゃら坂40なんやらの握手会と、幕張がカオスとなっていたらしい。

 

それっぽい人たちの後についていき、到着。

 

 

 

アリーナスタンディングの入場列にボーっと並んでいると、トントンとされる、条件反射でかがんでぶん投げようかと身構えると(うそ)、カズー常連のSさんご夫婦と遭遇。ご挨拶。

 

数万人の中で常連さんと会えたりするととてもうれしいですね。

 

とか言ってるうちにクローク列がカオスなので慌てて列に並ぶ。

 

で、フードばくばく食う。

 

にしても暑い。

 

なんかエアジャムが「野外」というイメージが薄く、完全に油断してて日焼け止めも忘れ、帽子も置いてきた。

 

じりじり焼かれる引きこもり。

 

まー、5月からちょいちょい野外フェス行って下地はできているので日焼けで真っ赤になるような事はないが。ありがとう音楽。

 

 

休憩しつつ各バンド見る。

 

午後2時過ぎになり、夜勤明けで辿り着いた嫁から連絡が入る。

 

駅周辺のロッカーが全滅との事でクロークまだある?と。

 

見に行くとクローク売り切れ。

 

リュック背負ったままではかわいそうなので、クローク係の事情わかってそうな兄ちゃんと交渉。

 

駅周辺ロッカーが全滅と前フリした上で、俺のクローク袋1回出して、追加で1000円払うから入れさせてくれないかと。

 

なんとなくOKがでる。

 

入口で嫁の到着を待って合流。

 

クロークへ。さっきの事情がわかってそうな兄ちゃん不在。事情がわかってなさそうなバイトのお姉さんに説明。

 

事情がわかってないお姉さんからちょっと事情がわかってそうなお姉さんにタライ回し。

 

ちょっと事情がわかっているお姉さん。テキ屋のように千円札の束を片手に右往左往でテンパっておる。

 

説明し千円渡し、袋1回出す。

 

俺のリュックにさらに嫁のリュックを詰め込むともうビニール袋パンパン。

 

スーパーの野菜詰め放題のおばさまよろしくギリギリで袋を結ぶ。事情わかってないお姉さんも心配そうに見守ってくれている。

 

なんとか結んで「お願いします!」と机に置いた瞬間に袋に貼ってあった番号のシールが耐え切れずに真っ二つに破れた。

 

あまりのタイミングに3人で笑ってしまったが。

 

 

嫁と会場内ブラブラ。

 

カズー常連B君と遭遇。やっぱ数万人の中で会えるとうれしいですね。

 

で、ホルモン、ヘイスミ、テンフィを上手ブロックで。

 

で、ハイスタまで下手ブロックでまったりと大人見。

 

中央ブロックはパツパツだろうし、自由に動けないのが嫌いなのであえて下手で待機。

 

ハイスタ登場。

 

エアジャムは18年ぶりだけど、ハイスタは復活以降4度目。

 

しかし、まー、そりゃやっぱハイスタなもんですからね、好きな曲ともなれば暴れ狂ってしまいますですよ。

 

結構スカスカないい感じのピットができてました。

 

新旧織り交ぜたセトリ。新譜からもセトリに入ってるってのがいい。ただ単に90年代の同窓会だけじゃない2018年のエアジャムってのがね。

 

モッシュ、シンガロン。

 

歳取ったせいだろうかね、泣けた。

 

 

アンコール待ちで一旦後ろに下がると、カズー常連の女の子Mちゃんと遭遇。

 

「おおー、来てたんだー」的に話すと、ずっとピットで暴れている所を見られていたそうで、とても照れました。

 

「スターリーナイトの時じゃない?」

 

「や、もっと前から暴れてましたよね?w」

 

どうやら暴れていたそうです、僕。

 

ちょっと恥ずかしかったのでアンコールが始まったので「またね!」とMちゃんと別れる。

 

で、最後、MOSH UNDER THE RAINBOW

 

知らん奴らと肩組んで。

 

皆、笑顔。

 

もう、平和ってこういう事なんじゃねぇのかってぐらい皆、笑顔でグルグル回る。

 

若い子もオッサンもおばさんも。

 

Mちゃんとまた遭遇、一緒に肩組んで笑顔でグルグル回る。

 

花火が上がる。

 

18年前、スタンド席の一番上からさみしく見ていた「輪」

 

今年はその輪の一部となる事ができた。

 

花火がきれいだった。この場所で上がる花火ってこんなにきれいだったんだなー。

 

こんなに幸せな気分になれる。まだパンクが好きでよかったな。

 

ヤバいな、思い出すと泣きそうだ。

 

18年前、この場所で暴動に巻き込まれ、パンクを聴く事さえ嫌になってしまう程ショックを受けたんだ。好きだったからこそ、裏切られた気持ちになってしまったんだ。それと同時にハイスタも活動を止めてしまったんだ。

 

でもハイスタは帰ってきてくれた。俺もシーンに戻ってくる事ができた。

 

 

やっぱり、ハイスタは特別なんだな。

 

 

また、ハイスタが見たい。

 

 

そうそう、18年前、仲間内で1人だけフェンス乗り越えてアリーナ突っ込んでいってしまった後輩。その時は許す事ができなくてね、帰りの車内最悪な空気だったんだよね。

 

今年、その後輩も来てたらしいんだけど行き会えなかったなー。

 

18年前を笑い話にして乾杯したかったな。

 

また改めて当時の連中で飯でも行こう。

 

 

 

パンクロックは最高ですね。


ロッキンジャパンに行ってきました

相変わらず特筆するべき事もオチもありません。

 

暇なの。

 

 

「ROCK IN JAPAN

 

「4大ロックフェス」「モッシュ・ダイブ禁止」「トリがサザン」

 

もうマイノリティな僕は全く興味のないフェスと言っていい。

 

噂でしか聞いた事のないフェス。

 

モッシュ・ダイブが禁じられ、パンクの世界からはある意味揶揄されがちなロッキン(特にハワイアンはっちゃんw)

 

そもそも、エアジャム2000で隠居、2014年GLFで文化に復帰した俺にとって「モッシュ・ダイブ」を主催者から禁じられるフェスの意味がわからなかった。

 

絶対行く事はないんだろうなーと思っていた。

 

なんとなーくメンツ見ていたらLONGMANが。復帰後、関東での初ライブ。

 

LONGMAN見たいなー、と何の気なしに話していたら嫁が食いついた。

 

メンツを調べたらなかなかよい、で、夫婦で行く事にした。

 

チケット代14000円。

 

えーと、2デイズの方じゃなくて・・・・

 

何度見ても「1日でお値段14000円」

 

ありえん・・・

 

ジャイアントループだったら3回できんぞ・・・

 

まー、仕方ないのでお支払。

 

ある日

 

 

なにか荷物が届いたと思ったら無駄にでかくご立派な箱に入ったチケットが届く。

 

えーと・・・・・いらねぇ。

 

俺達の14000円の一部がこんな無駄な事に使われているかと思うとイライラしてきた。

 

14000円が惜しい訳じゃない。なるべくチケット代を安くしようと努力してくれている他のフェスを知っているからロッキン何様だと思ってしまうのですよ。

 

毎年こんななのかとツイッター検索してみたら、

 

「今年は素敵なBOXでチケット届いた♪うふふ♪」

 

みたいな脳内お花畑な発言ばかりで、そもそも僕と根本的に考え方が違うのだ。

 

そして、タイテ発表、見たいのドンかぶり・・・・4バンドぐらい横並び・・・

 

 

もう、行かなくていいかも、ロッキン・・・・

 

 

そして、謎に遠い会場、茨城て(予備知識がなく勝手に千葉辺りでやってるものだと思ってた俺が悪いんだけど)

 

山梨県甲府から、そもそも始発でも間に合わない。

 

途中の八王子まで高速、車移動(1時間)。八王子→上野から特急で勝田(3時間)

 

しかも程よい時間の特急が満席、1本早い特急しかなく、逆算すると、

 

朝3時半起床・・・・

 

もう、もう、行かなくていいかも、ロッキン・・・・

 

私事ですが、ライブ(下北)→6連勤(途中甲府で夜ライブ)→3時半起きロッキン。

 

なんでこんな事に・・・殺す気ですか。

 

 

当日、嫁共々、ほぼ死んだ状態で早朝から出発。

 

4時間かけて到着。

 

 

とりあえず、タイテがドンかぶりな為、LONGMAN以外を切り捨て、待機。フードばくばく。

 

 

もう、リハから「おかえりー」な雰囲気。

 

ライブもよかった。

 

朝から、スカダン、そして禁じられている「モッシュ」も。

 

モッシュと言ってもある程度ぶつかり合う感じ。ピットとしては全然ゆるーい感じ。

 

実際、たまにいる無差別にタックルしまくるようなヤツを禁じたい感じなんだろうか。

 

まー、ダイブなら人物を特定できるだろうけど、ピットにいるヤツ全員捕まえる事なんざ無理だかんね。そこら辺は容認なんだろう。

 

まー、いいや。

 

 

 

メインステージのヤバTを見る前に、名物とされる。

 

 

メロン丸ごとクリームソーダ。

 

写真で見て、これは是非食べたいと。

 

えー、実際は、メロンは凍っていてカチカチ、時間がなく溶けるのなんざ待ってられなく、スプーンでガシガシ掘るも中途半端に凍ったメロンはたいして甘くなく、ただひたすらに手がベタベタになっていくだけ。嫁、掘りすぎてスプーン折ってたしね。

 

もう、食べる事はないだろう。

 

 

 

ヤバTからENTH

 

「またライブハウスで待ってます」

 

というように、こっちサイドのバンドがロッキンに挑んでいるような感じでとてもかっこよかった。

 

オレンジレンジに向かった嫁とは別行動とし、フードばくばく。

 

会場内うろうろしていると、なにやらガチャガチャがある。

 

ピックの形をしたキーホルダー、細いラババン、当りはトートバッグだそう。

 

ピックチャームがかわいらしかったので、ガチャ回す。

 

ラババン。

 

回す。

 

ラババン・・

 

回す。

 

ラババン・・・・

 

 

ムキーっ!!!!!僕、ピックチャームが欲しいんですけどー!。

 

両替機に向かった所で俺の心のエンジェルが慌てて止めに入る。

 

やめときなよー、君はいつもガチャガチャになるとムキになるじゃないかー、忘れたのかい?京都大作戦で5000円ぐらいガチャして後悔したろ?そもそも君、ロッキン好きな訳じゃないじゃないかー。

 

ありがとうエンジェル、我に返ったよ。

 

 

 

 

で、ライムスからヘイスミへ。

 

 

スカダンで、残りの体力を奪われる。

 

ロットンで嫁と合流し、FOMAREをちょい見て、帰る事に。

 

嫁が「サザン見たい」とか言わないでよかった。

 

早めに会場を後にして、とりあえず茨城から東京行きの特急に、満席の為にデッキで立ちっぱ。ヘトヘトだけど仕方ない。

 

後2駅という所で

 

「緊急停止します!!」

 

とアナウンスされ、かなりの振動を伴って列車が急ブレーキ。

 

「えー、松戸駅を通過する際に人身事故が発生しました」

 

とアナウンス。

 

おいおい・・・・・

 

詰んだなこりゃ。

 

人身とか、当分動かないだろうよ。

 

数時間立ちっぱを覚悟していたが、人身とはいえ接触だったようで40分程で運転再開。

 

にしても、ヘロヘロに疲れている。

 

東京→八王子→車で甲府

 

なんとか帰宅。

 

翌日は疲れからか12時間寝てた。

 

遠いぜ、ロッキン。

 

今後、出禁のハワイアンが出るとか、よっぽどがない限り行く事はないだろうね。まー、普通だったけど。チケ代もっと安くする努力しなさいよ。

 

 

 

 

もっとメンツが俺好みで魂がこもっているフェスに俺は行きますね。


2018 上半期を振り返ります

暇つぶしです。適当です。

無駄に長いです。半年でライブ行きすぎだと思いました。

 

2018

113日 THE NO EAR (八王子・RIPS) 

 

ノーイヤーのツアー、八王子。 

 

俺は今回のツアー、下北・横浜に続いて三か所目。

 

この日、地元カズーホールではOVER ARM THROWがノーザンとツーマン。

 

クソ田舎が輝くメンツ。なぜ、ノーイヤーとカブらせたのでしょう・・・

 

しかし、そこは初志貫徹。ノーイヤーを優先。

 

八王子をフラフラしているとカズー常連T君が。

 

「今日来てるんですね、やった、暴れ放題だ」とありがたい言葉をいただきました。

 

「うん、いつでも持ち上げるよw」と。

 

こんなオッサンも期待されてなんかありがたいと思います、でも実年齢は教えないでおきますね。遠慮されてもアレなんで。

 

RIPSの中、ほぼ、カズーホール。

 

八王子にカズー常連の姿が多い。皆、OATのカズーを蹴ってきてるんだね。エモかったね。

 

120日 SPACE BOYS (新宿・ACB) 

 

対バンのカントリーからスペボ愛に溢れていた。

 

ピットはおとなしめだったので、ほぼ最前でスペボ。

 

もっと売れろ。とてもいいバンドだと思う。

 

127 FOUR GET ME A NOTS (渋谷・O-NEST) 

 

久しぶりのフォゲミはワンマン。

 

開演直前、あきらかにピットになる中央5列目辺りに、失礼だがちょっと場違いなOL風女子、おばさまの三人組が。

 

普通のニット、スカート、コートとか腕に抱えている。

 

居酒屋の待ち合わせかしら?

 

よっぽど「後ろに下がった方がいい」と教えようかと思ったが、余計なお世話だったらなんでしたのでね。

 

人は見かけによらず、始まった瞬間コートぶん回してリフトとかしてフロア煽りだしたりするかもしれないしね。

 

まー、案の定1曲目であっさりモッシュの渦に飲み込まれていったOL三人組。

 

慌てて後ろに避難してました。

 

おばさまなんて、汚い物を見るかのような鬼の形相でフロアを見ていました。

 

どうか、どうか、パンクロックを嫌いにならないでください。

 

久しぶりのフォゲミ。セトリもよく、まさにフォゲミって感じのマイペースな感じなワンマンでした。

 

 

131日 ヤバイTシャツ屋さん  (長野)

ヤバTに関しては、ほぼ嫁です。

 

好きですけどね。

 

長野はおいしい物がたくさんあります。そば、ソースかつ丼、ラーメン。太って帰る。

 

ソールド公演だった為、結構箱の中が灼熱。

 

俺は後方壁に寄りかかって大人見。

 

アンコールの時、俺の真ん前に汗だくの女子が壁によりかかってきた。

 

拍手とかしてたと思ったらパタリと倒れた。

 

「え?え?どうしよう・・・」とオロオロする周りのお客達。

 

なんか、俺が救護する空気。

 

「(うわー、汗でびっちゃびちゃやんけー)スタッフ呼んだ方がいいね」

 

と倒れた女子のびっちゃなTシャツになるべく触れないように起こす。

 

したら、女子、意識を取り戻し自力で下がっていきました。

 

その様子を見ていた嫁に後で

 

「なんか野良猫助けてるみたいだった」

 

と言われてしまいました。

 

なるべく汗まみれにならないようにしていたのバレてました。

 

 

22日 DizzySunfist   (渋谷・O-WEST) 

 

友人との参加。

 

都会の運転に慣れている友人のおかげで渋谷まで車で。うん、楽。自分で運転してこようとは思わないけどね。

 

うまい物食って、ライブ楽しんで、と友人的に「誕生日のような1日」となったようでなによりでした。

 

僕は、そんな誕生日のような1日が年間30日ぐらいある事になってしまいますけどね。

 

 

225日 グッフォー主催 メロコス  (渋谷・クアトロ) 

 

この日、なんか全然のらなかった。

 

渋谷で「ちばから」という二郎系ラーメンを開演前に食べようとわざわざ特急を1本早くして来たのに、すでにちばから30人ぐらいの行列。

 

さすがに間に合わないので諦めました。

 

まー、ラーメン食えなかったからのらなかったって訳ではないんだけど。

 

なんか安定のメンツに逆に反応しなかっ.たというか、テンション上がらず大人見の1日だった。

 

そういう日もある。

 

 

33日 THE NO EAR (甲府・KAZOO HALL 

 

ノーイヤー、ツアーファイナル、地元カズーホール。

 

この日は、忘れられない特別な夜となった。

 

普段のカズーホール、ノーイヤー企画の一幕(写真お借りしました)

カズーホール、ツアーファイナル

 

もう、これだけで普段いつもカズーでノーイヤー見てる人間の感慨深さがわかりますよね。

 

そして、その夜の激しさを象徴するかのようにTシャツが破れましたw

 

 

激しいパツパツのフロア、常連の皆を交え肩組んでグルグルと回ったり。

 

そんな中でも、いつものクセでとっさにマイクケーブルとか裁いてしまう常連連中。

 

普段、カズーホールでスカスカなフロアを守っている常連達と一緒にノーイヤーでパンパンになったカズーを見れた。うれしかった。いい夜だった。

 

 

34日 八王子サーキット「HACHIDORI] 

 

前日のノーイヤーですっかり疲れてしまっていました。

 

八王子全体、数か所でのサーキット。ヘロヘロながらも朝から夜まで色々と見ました。

 

RIPSでの39degrees、最高でした。

 

 

311日 打首獄門同好会 (日本武道館)

 

記事にしたので割愛。

もう、物販ガチりません。

 

 

317日 DizzySunfist   (甲府・KAZOO HALL) 

 

 

地元カズーでのディジー。2月の渋谷ではピットでガンガンだったので、カズーではゆっくり大人見。

 

 

47日 MAGNET NIGHT   (甲府・KAZOO HALL) 

 

正直、SHAMESWATERWEED以外あんま知らんメンツ。外人さんバンドは有名なバンド以外はあまりわかりません。

 

でも、知らんバンドでも楽しいのでね。

 

いつもの顔見知りが多いカズー、そんな中、ふとフロアを見ると、かつて十数年前に一緒にバンドやってたギターがいた。

 

懐かしさのあまり抱擁とかしちゃたんだけど、そいつったら昔からマイペースなヤツなもんだから俺ばっかりはしゃいでしまってね。

 

なんか、カズーの顔見知りさんともお知り合いだったようで。

 

まー、2年前の同じ企画ではそのバンドのベースと再会できていたんだけどね。

 

「また、飯行きましょうよ!バンドもやりましょうよ!」

 

とテンション高く言っていたそのベースからは2年間連絡はなく「あぁ、これが社交辞令ってヤツなんだ」と実感しておりました。

 

なので、ギターとはラインを交換し、「なんかライブ一緒に行こうぜ」と俺のライブの予定を教えたら「こんなに、行けないよ・・・」と。

 

そ、そうね、俺の予定って、普通の社会人レベルではないですものね・・・・。

 

なので、あまり誘えません。

 

でも、あたい、待ってる。

 

 

413日 OVER ARM THROW  (川崎クラブチッタ) 

 

全く行く予定ではなかったライブ。2日前にチケット買って参戦。

 

連続勤務中、面倒仕事、バカ幹部からまったく余計なストレスを与えられイライラが爆発寸前だった。

 

で、そのイライラを溶かすにはライブしかないと、体力的にキツいのをわかった上で急遽参加。

 

結果、やっぱ行ってよかった。

 

途中、カズー常連B君がふと俺を上げてくれて、人の頭の上を泳ぎました。

 

ありがとうB君。足はつりかけて、なんなら水なくしたけど、とてもありがとう。

 

帰宅してから嫁に、

 

「今日さー、B君に上げてもらっちゃってさー」

 

と嬉々として報告したら

 

「・・・ケガ、させなかった?」

 

そう、ジュニアヘビー級ばりの体型になってしまった俺。俺がダイブとかしたらもはやプロレス技となる。俺自身、そして他の人にもケガさせない為にも嫁から痩せるまでダイブを禁じられています。

 

「や、B君がねw 俺を上げたくなっちゃってとか言ってくれてねw」

 

「・・・飛ぶなら痩せてください」

 

・・・・・・・はい、痩せるよう努力します。

 

 

421日 THE STARBEMS / THE NO EAR   (甲府・KAZOO HALL) 

 

ベムズのツアー、対バンがノーイヤーとなる。

 

この日のカズーはスカスカの向こう側。全体で20人ぐらい?もうちょっとはいたかな。にしても、スッカスカ。

 

ノーイヤー、もうステージからフロアの後ろまで広々と遊ぶ。

 

VO哲也さんもあまりに人いないもんだからダイブもあまりできずw

 

ノットデッドタウンで肩組んで回ろうとしても、俺含め3人しか集まらずw

 

そこに加わって回る哲也さんw や、あなたは歌ってください。

 

こういう自由すぎるカズーもいいんですよ。

 

こういう感じの夜を積み重ねているからこそ、3月のファイナルの時のような光景が特別に感じられるんですよ。

 

だし、モッシュがなくともダイブがなくとも、地方のライブハウスには愛があるのですよ。

 

 

422日 COUNTRY YARD   (新宿・ACB) 

 

前日もライブだったので、なんとなく疲れが残っていた。

 

嫁にも「大人見する」と言っておいて、結果、びっちゃびちゃ風呂上り

ACBでのカントリー、水を得た魚のように激しいライブ。気付いたらやっぱピットにいました。

 

 

51日 バックリ/ホスコ/ましょ隊   (甲府・KAZOO HALL) 

 

ましょ隊は楽しく、ホスコは熱く。

 

一旦、駐車場の車に休憩に行くとなんか違和感。

 

タイヤが1本パンクしてた・・・。

 

がっちりクギが刺さっていた。

 

時間も遅いし、翌日も普通に仕事だし、なんとか早い内に直さないとならないと最後のバックリを諦めて離脱。

 

近くのスタンドに助けを求める。

 

タイヤのサイズがなく修理できないとの事で、とりあえずスペアタイヤに交換してもらった。

 

まー、車の知識が皆無な俺なんざ自分でタイヤ交換さえできないだろうからとりあえずは助かった。

 

翌日、車屋、余計な出費16000円。ツイてなかったね。

 

 

58日  locofrank / hawaiian6  (渋谷・O-WEST) 

 

この日も友人と参加。

 

毎年、ジャイアントループで友人達と集合していたんだけど、今年は残念ながら中止となってしまった為にその代替え公演として。

 

ハワイアン、ロコ、安定で楽しかったです。

 

 

510日 ロットン / hawaiian6 (甲府・コンビクション) 

 

普段はカズーが多いハワイアン、軽くアウェーなハワイアン。10人程度のピットはできてたけどね。なんか新鮮だった。

 

ロットンも熱かったね。

 

 

51920日 サマーキャンプ2018 (お台場特設会場) 

 

サマキャン2デイズ。

 

初日は嫁と。2日目はぼっち。

 

数あるフェスの中でもメンツ最強と言ってもいい。

 

オリンピックの関係でお台場開催が最後になってしまうそう。

 

 

527日 Track`s   (甲府・KAZOO HALL)  

 

 

ミセチンもっと見たかった、個人的に。

 

この日、平均年齢若すぎて高校の文化祭かと思うくらい。

 

Track`s、初見だったけどいいバンドだった。10代とは思えないぐらい堂々と楽しそうにライブしてたねー。

 

 

62日 rem time rem time /Qwai  (甲府・KAZOO HALL) 

 

 

山梨のQwaiというバンドはやっぱスゴい。レムタイムもいいライブしてた。

 

たまにはパンクじゃないライブにも行くのです。大人になったのです。

 

 

69日 39degrees  (甲府・KAZOO HALL )    

 

本来であればジャイアントループが開催されたであろう甲府にとって特別な日。

 

町田のバンドである39がこの特別な日を任されて3年目。

 

39degreesでよかった。この日に39をカズーで見れてよかった。

 

バンドとしての力をすごく感じた。

 

対バンのフパブ。NOBへの曲の途中でベースの音が出なくなる。ベースのシールドがアンプからポロっと外れたのが見えた。ちょっと出来過ぎたトラブルすぎる。

 

去年は39 板ちゃんの買ったばかりのストラップ切れたしね。

 

そういう特別な夜なんだよね。

 

 

614日 COUNTRY YARD   (渋谷・クアトロ)   

 

 

1stアルバムから全曲披露の特別なセトリでのライブ。

 

安定の汗だく。

 

カントリーのライブ、飽きる事がない。

 

もっと見たいと思い、11月の名古屋遠征を決めた。

 

 

普通に生きてたら、ここまで汗かく事ってそうないよね。

 

ピットで他の人の膝が太ももに入ったり、ステダイを首で受けたり、それなりのダメージを受けましたが、楽しかったのでいいのです。

 

 

61617日 サタニックカーニバル (幕張メッセ) 

 

 

もう1人の友人のジャイアントループ代替え公演。サタニック2デイズ。

 

幕張、サタニック初参加。

 

入退場、クローク、フード、規模のわりにスムーズだし。室内だし。

 

とても快適なフェスだった。

 

メンツによっちゃまた行きたいと思えるいいフェスだった。まー、チケット当たればだけどね。

 

友人にはもうお年頃の娘さんがいます。ワニマのファンだそうです。

 

ワニマの出演は2日目、冗談で初日の帰りに

 

「今からワニマの物販並んでなよw」

 

と言ったら叱られました。

 

でも、実際本当に2000から並んでいる人がいたそうです。

 

翌日、タイミングがよくてワニマのタオルを買えた友人。父親の株上がったようでよかったね。

 

 

 

さて、7月以降も京都大作戦、9月には18年ぶりのエアジャムもあります。

もうちょっと、パンク文化で遊んでいたいと思います。


京都大作戦持ち物リスト2018 旅のしおり

 

京都大作戦 

 

☆当日服装  ・京都2017T ・カーゴハーパン

 

☆持ち物リスト

 

■Tシャツ

□ディジー(カエル)

□京都大作戦2018

(当日 着替え用)

 予備

□ハワイアン(ジャクソン)

□NAMBA69(パンク)

 

(翌日用)

□ノーイヤー白 □コロンビア迷彩ハーパン

 

■タオル

□京都大作戦2017

□ハワイアン(ベージュ)

(当日用)

□ディジー(夢)予備

 

□バケハ(GLF

□靴下(2足)

□パンツ(2枚)

□スーパービニール袋(数枚)

□ゴミ袋(数枚)

□日焼け止め

□虫よけ

□かゆみ止め

□シーブリーズ

□ボディペーパー

□ハッカ油

□湿布

□目薬

□絆創膏

□ポケットティッシュ

□ウェットティッシュ

消臭スプレー

 

□レインコート ※

□折り畳み傘 ※

□クロックス ※

※ 予報雨の場合

 

■ロリクレボディバッグ

□ブリーズライト

□イビキスト

□耳栓

□スマホ充電器

□モバイルバッテリー

□首枕

□常備薬

□水

 

□万能札

□京都臨時バスチケット

□深夜バスチケット(往路)

 

■ライブ用財布

□現金

□免許

□保険証

□クレカ

□キャッシュカード

 

■ロングマントート

(IKKIリュックのキャパオーバー時)

 

※ 当日会場内

・シャトルバスチケット 手ぬぐい → インフォメーションブース横テント

・万能札設定グッズ抽選 → お土産処横 万能札案内処

 

 

 

☆日時 77日(土)〜7月9日(月)

 

☆タイムテーブル 

7/7

18:00 仕事終了

21:00 甲府駅へ(近辺駐車場へ)

22:10 深夜バス乗車 甲府駅から京都駅

7/8

6:20 京都駅着

6:30 コンビニで買い出し(水分など) なか卯等で朝食

(臨時バスの混雑状況で並ぶ・混雑していなければどこかで休憩)

8:00 京都駅発 臨時バス

8:50 会場着

9:00 開場列に並ぶ

9:30 開場 クローク優先

11:00 開演

 

自由時間

 

20:00 終演

20:30 臨時バスで京都駅

 

時間未定 京都駅近辺で夕食

京都駅近隣ホテル 一泊

 

7/9

9:00 起床

10:00 京都観光

自由時間

 

17:00 京都駅から甲府

帰路

 

 

 

【注意事項】

 

・昨年、深夜バスに完敗、一睡もできずにオールで京都大作戦に挑む事になってしまいました。昨年の経験を少しでも活かしましょう。

※100均の首枕持参し、備え付けの枕・ブランケットは腰と尻に当て、できるだけ痛みを軽減させる。

※楽しみだからとテンションを上げ過ぎない。

※ケツの肉が取れる夢を見ないよう注意する。

 

 

・昨年ビビった京都の蒸し暑さ。ハッカ油を希釈したスプレーを持参し常に浴びていましょう。

 

・雨天時の「田植え状態」昨年経験し、意外とVANSが完全に死亡しない事がわかりました。田植え状態になった後の汚れ落としとしてウェットティッシュを持参しましょう(昨年はたまたま配布されたウェッティを使用)

 

 

・終演後、有名ラーメン店に並ぶのは止めておきましょう。

昨年、オールからの怒涛の一日を過ごした後、京都駅近くの某有名ラーメン店に並ぶ。結果、大作戦の入場、フードどころか、その日一番の行列となり、1時間以上立ちっぱなし。そして、なにより悲しかったのは「たいしてうまくなかった」

 

 

・当日まで太らないようにしましょう。

4月に登録した顔認証。デブになり、認証されなかったら面倒な事になります。機械で認証されなかった場合、係員による目視での確認となります。「(あぁ、太ったのね、こいつ)」みたいな空気になったら悲しい事です。

 

・ガチャガチャにハマるのは止めましょう。

昨年、1回500円のガチャ。気付いたら夫婦で7000円分ぐらいやっていた。そして目当てのキーホルダーは全く出ないで消しゴムばっかり。散財は止めましょう。

 

 

・モバイルバッテリーは余裕を持って。

昨年、最後の「終演」を撮りたかったのにバッテリーが2%とかになり、泣きながらなんとか撮影しました。それにより、このデジタル社会にも関わらず、はぐれた嫁との連絡手段を失いました。今年はバッテリー切れに注意しましょう。

 

 

・雨予報であれば、素直にカッパを使用しましょう。

昨年、雨予報でカッパを持参したにも関わらず「暑いし、雨はシャワーだ」とか言って、結果、雷雨でびしょ濡れになり、夏にも関わらず凍えました。自然と無意味に戦うのは止めましょう。

 


ライブ遠征のしおり

いまだになぜか閲覧数がある程度あります。

 

「ライブ」「遠征」みたいなワードで検索してる人がいました。

 

田舎からライブ遠征はなにかと大変ですものね。

 

「交通手段」「費用」「日程調整」

 

参考になるかわかりませんが、自分自身用という感じでまとめておきます。

 

 

まず、使っているアプリ。

 

「チケット管理」

 

 

 

 

 

年間数十本ライブ参戦する上で一番重要でもあるチケット管理。プレイガイドも多々あり、支払方法も様々、先行予約、入金、発券。覚えきれる訳ないので。

 

 

1点、文句。「メール予約」という概念がなく、一覧で分りやすいマークがあれば完璧。

 

 

乗換

 

 

俺はヤフーの。田舎人必須。

 

そして地味に大事な事。「Suicaを持とう」

 

楽だから。

 

そんなに使わないからと頑なにスイカを使う事はなかったけど、ここまで頻繁に都内に行くとなるとね。いちいち切符買ってらんないしね。

 

しかし、普段は車社会の為に使う事はないスイカ。いざ遠征の時に残高があったかどうか不安に。改札でガッサーンと止められたら恥ずかしい。

 

安心して田舎人。

 

 

スマホでスキャンすれば履歴も出る。

 

 

 

で、アプリではないけどJRのサイト「えきねっと」

 

 

登録しておけばネットで予約できる。

 

一番のポイント。「事前予約すれば35%オフで指定席の予約ができる」

 

例えば、甲府―新宿間の高速バス 2000

    甲府―新宿間 特急指定席35%オフ 2600

 

まー、好みだろうし600円節約するかって話だけど。

 

ぼっちの高速バスは高確率で知らん人が隣にきて、狭い車内で気を使うので、最近ではもう指定席取ってしまう。高速バスたまに遅れるしね。

 

で、帰りの指定席も取っておけば自由席で帰るより1000円も安く、なおかつ並ぶ必要もなく、確実に座れる。

 

1点。たまに予想外にライブが早く終わってしまうと終電までの時間が暇になります。

 

 

 

 

最後に、関東主要ライブハウスのロッカー、クローク事情。

 

 

基本的に都内ライブハウスのロッカーは「激しく小さい」ので大き目なリュックとかは無理。

 

俺の中くらいのリュックでギリギリだったりする。無理矢理詰め込んで何度付けてあったバッチが爆ぜた事か。

 

なので、ライブハウスのロッカーを使う状況であればトートバックとかの方がよい。

 

気温、季節による、着替えの必要性で状況も変わりますが。

 

 

 

O-EAST (渋谷) 1300人 ロッカー 828

 

O-WEST (渋谷) 600人 ロッカー 1F 36個 2F 54個 

(階段下チケットカウンター横でクローク出す事が多い)

 

O-nest (渋谷) 200人 ロッカー 84個 

(バーカンでクローク有)

 

・クアトロ (渋谷) 800人 ロッカー 360

 

UNIT (代官山) 600人 ロッカー 150

 

・シェルター (下北沢) ロッカー 無

(駅前コンビニ横にロッカー)

 

・ロフト (新宿) 500人 ロッカー 100

 

ACB (新宿) 250人 ロッカー 30個 クローク 25

(歌舞伎町近辺 バッティングセンター横等にロッカー)

 

・リキッドルーム (恵比寿) 1000人 ロッカー 350個 

(バーカンでクローク有)

 

・新木場コースト (新木場) 2400人 ロッカー 外1000個 中240

 

・豊洲PIT (豊洲) 3103人 ロッカー 外915個 中600

 

ZEPP東京 (お台場) 2700人 ロッカー 外510個 中752

 

ZEPPダイバーシティ (お台場) 2107人 外813個 中378

 

RIPS (八王子)250人 ロッカー 無 

(公演によってはクローク)

 

・マッチボックス (八王子) 250人 ロッカー 無

(公演によってはクローク)

 

FAD (横浜) 380人 ロッカー 無 (外でクローク)

 

・柏アライブ (柏) ロッカー 無

(途中ドトール前のロッカーが最短)

 

・千葉ルック (千葉) ロッカー 無 

(駅近辺ロッカー)

 

 

では、よいライブ生活を。


打首獄門同好会at日本武道館へ行ってきました

たまには綴ります。特筆するべき事もオチもありませんが。

 

 

打首さん、日本武道館ワンマン。キャリア初の晴れ舞台。立ち合えてよかった。

 

 

そもそも打首さんを知ったのは結構以前の事。

 

「どうでしょう祭り2013

 

まー、色々あってどうでしょう祭りには参加できなかったんだけど、後日DVDに収録された映像で初めて「打首獄門同好会」というバンドを知った。

 

うん、知っただけだった、この頃は。

 

 

2014年のジャイアントループきっかけでパンクシーンに復帰。

 

ここ2年くらいの間にどうでしょう関係ではなく、普通に「バンド」として打首さんの名前を見る機会が増えてきていた。

 

で、何の気なしで見始めたインターネット番組「10獄放送局」

 

ハマった。

 

どうでしょうリスペクト企画もあり、なによりメンバーの人の好さ、人柄にハマっていった。

 

音源も揃え、フェス等で見たり、ライブにも行き、さらにハマる事となっていった。

 

そして、今回の武道館ワンマンである。

 

とても珍しい事なんだが、激戦であったアリーナスタンディングのチケットが俺名義で当選した。(まー、後ろのブロックだったが・・・)

 

打首さんの晴れ舞台、記念に物販にも並ぼうと普段入れる事のない気合を入れた。

 

物販開始時間 13:00

 

11時に並べば十分だろうと朝9時の特急で甲府を出発。というか普段物販に並ぶ事のない俺、2時間前に到着するぐらいが自分の中の限界であった。

 

新宿で一旦嫁と別れ、俺は九段下へ。

 

ツイッターの情報ですでに200人以上の行列ができていると。

 

この時点で挫けそうになる普段「物販は買えたら買う勢」の俺。

 

武道館着。

 

 

二億人ぐらいいる・・・(俺主観)

 

覚悟を決めて二億人(俺主観)の一部となる。

 

実際は俺が着いた11時の段階で300人いたそうだ。

 

物販ガチ勢の人達は折り畳みイスやらシートやらお菓子やら肉まんやら、なんなら酒なんぞ飲みながら楽しげね。

 

慣れてない僕なんてね、焦って武道館まで小走りで来たもんだからスナック的な何かを買うのを忘れ、イスなんて気の利いた文明なんぞ持参してねぇからただのコンクリの地べたに直に座る。

 

ポケットにあったガムを食い、飢えをしのぐ。

 

隣で並んでいたマダムが食べていた「おにぎり」がキラキラして見えたよ。

 

じわじわと二億人(俺主観)が進むもんだから座ってばかりもいられない。

 

結局買えたのは14時。3時間は立ちっぱなしであった。

 

疲労・・・完全なる疲労・・・。

 

嫁がいるカフェに合流しようと思ったが、パスタなんてこじゃれた食い物では満たされない。

 

日高屋で中華をがっつく。

 

日高屋も混んでいて、「相席をー、・・・・」と相席を頼みに来た店員、1人なのに2人分ぐらいの料理を注文し軽くパーティ気分の俺のテーブルを見て引き下がっていった店員。

 

なんか、ごめんなさい。

 

 

嫁と合流し、スタバ。

 

1時間ぐらいしか休んでないが早めに武道館に戻る。

 

おぞましいほどの物販列が形成されていた。1600人だって・・・

 

まだ、300人の段階で並んでいてマシだったのね、俺。

 

入場。

 

中では10獄放送局の最新回がスクリーン上映され退屈する事もない。

 

15分遅れでライブ開始。

 

セトリも良く盛り上がる武道館。

 

アリーナ後ろのブロックであったがピットの人口密度も程よく、むしろいいブロックだったかも。

 

曲に合わせ、知らん奴らと肩組んでヘドバン、サークル、モッシュ、ウォールオブデス。

 

打首さんゆかりのゲストも次々と、笑って、暴れて、暴れて、笑って。

 

途中、「1/6の夢旅人」のカバーをやってくれた。

 

水曜どうでしょうのアンセム。

 

この曲の作者樋口了一さん。今はパーキンソン病と闘いながら活動を続けている。

 

そんな色々な事、どうでしょう愛、この曲今日はやらないと思っていた事もあって、俺の中のタガが外れた。

 

ダイブしようと体が動いていた。

 

「飛ぶなら痩せてからにしてください」と嫁からも言われているし、俺の中でも体重的・年齢的な事もありダイブを禁じている。

 

(2年前のスーパージャンキーモンキーで飛んだ事は忘れてください)

 

しかし、体が勝手に動く事もある。

 

そんな衝動にストップをかける者がいた、そう「ふくらはぎ」だ。

 

右ふくらはぎ氏「無理―。ダイブとか無理―。もう限界だしー。3時間とか行列並ばされてさー、サークルとかモッシュとかされてさー、この期に及んでダイブなんて、無理―。」

 

つりかける俺の右ふくらはぎ・・・・・

 

なにクソ、俺のこの衝動は右ふくらはぎがつろうとも止められないんだ。

 

左ふくらはぎ氏「無理―。俺も無理―」

 

クッ、ふくらはぎどもめ・・・・

 

ふともも氏「無理ー。」

 

腰氏「無理―。」

 

・・・・・悲鳴を上げる俺の体の各部位・・・。

 

冬による運動不足、3時間物販に並んだ事による疲労、あっさり限界を向かえるオッサンの体・・・。

 

右腕君「・・・・あのー、俺、まだいけますよ」

 

左腕君「あ、俺も」

 

ダイブしたい衝動を両腕に込めて、両腕を突き上げておきました。

 

 

ダイブする事は断念しましたが、その後もピットで楽しく過ごす。

 

うまい棒の配布もテキパキと、銀テープ代わりにばら撒かれた獄門一万円札も皆で分け合う。

 

 

そこには平和な空間がありました。

 

武道館という大舞台だったが、そこに広がっていた空間はまさにライブハウスそのものだった。

 

すべて、打首さんのバンドとしての人柄がそうさせているのだろうと思った。

 

帰宅してから開けるようにと指示のあった物販で販売されたCD春盤。

 

 

ニクい演出にもほろりとさせられました。

 

打首さんと素晴らしい一日を過ごす事ができました。

 

 

 

 

 

先日のノーイヤーファイナルでも素晴らしい光景が見れたし、サタニックも京都大作戦も当選(嫁がだけど・・・)こんなに楽しい事ばかりで反動で死んでしまうんではないかと思ってしまいますが。

 

暖かくなりますし、また衝動が起きた時にふくらはぎに裏切られないようにジョギング、筋トレに励もうと思っております。

 

フェスの季節がやってくるね。


良いお年を

良いお年を。

 

年末ですね。

 

暇なので2017年を振り返ります。

 

ダイジェストでご覧いただきます。

 

正解はCMの後。

 

来週もお楽しみに。

 

えーと、ライブ参戦記録を集計しました。暇ですね、そうですね。

 

2017年 合計37本(フェス含む)

 

月平均3.08 

 

ちなみに2016年は23本でした。

 

そうそう、2017年はライブの本数を減らし、二ヶ月に1回程度にするなんて、そう考えていた時期が僕にもありました。

 

それがどうでしょう、目も当てられないこの結果。クレイジー。

 

この年齢のオッサンとしては行きすぎだという自覚はあります。

 

実際、自分で予定を入れておいてその頻度に自分で引く時が多々あります。

 

 

以下内訳、対バン含まず、フェスは主催バンドをカウント

 

・ノーイヤー 5回 (GLF含む)

Hawaiian6 4回 (エコーズ含む)

10-FEET 3回 (京都大作戦含む)

39degrees 3

・ジーフリーク 2回 (山人音楽祭含む)

OAT 2回 (横浜サーキット含む)

locofrank 2

・ハイスタ 2

・カントリーヤード 1

dustbox 1

・ロングマン 1

・ヤバT 1

・打首 1

SHIMA 1

・ディジー 1

・ノーザン 1

SHAMES 1

・ダウラビ 1

・スペボ 1

・ビバラ 1

・(ATATA) 台風自主キャンセル

・(NAMBA69) 台風自主キャンセル

 

・山梨県 17

・東京都 11

・神奈川県 3

・埼玉県 2

・静岡県 1

・群馬県 1

・京都府 1

・新潟県 1

 

やっぱ地元が多い。今年はだいぶ甲府に来てくれるバンド多かったね。

 

こう、年々好きなバンドとか増えていくとそれだけライブ本数も増えていっている感じ。

 

本当に「二ヶ月に1回」に本数抑えようとしていたんです。

 

あ、これ行きたい、あ、これも行きたい、と気が付いたらクレイジーな本数行ってました。

 

実際、若かりし頃より行ってますが。当時はそんなにバンドだって多くなかったし、こんなにフェスだらけな状況でもなかったしね。

 

オッサン的な事言えば、今のキッズは恵まれてると思う。

 

基本的には出不精の引きこもりタイプなので、当日になると「都会まで行くのめんどくせー、ワープできたらいいのになー」とソファにふんぞり返ってダラダラと。

 

まー、行ったら行ったでうまい物食ってライブ堪能して満足して帰ってくるんですけどね。

 

どのライブもそれぞれ良かったが、今年のハイライトは初参加の京都大作戦、トータルで素晴らしかったのはハイスタ新潟、地元カズーではOATワンマン辺りかね。

 

京都大作戦。初参加、仕事終わり深夜バス一睡もできずオール、雷雨による中断からの再開。伝説に近い1日でしたね。

 

ハイスタ新潟。旅に近い遠征、食い物、ライブの内容、どれも素晴らしかった。

 

カズーホールが素晴らしい空間と化したOATワンマン。

 

 

あと、地元ノーイヤーのイッキからのリリース、ツアー。

 

来年の八王子、地元カズーでのファイナル、今から楽しみだ。

 

12月、誕生日、オッサンレベルがまたひとつ上がる。もはや老化、退化、衰弱。

 

このパンクな状況をまだ楽しみたいと考えているので抵抗する。

 

我ながらよくピット入って暴れて生きてられるなーと思っています。

 

カズー常連さんに「ガンガン行ってましたねwww」とか言われて照れますが。

 

ぜーぜーですけどね。

 

なのでシコシコと鍛えています。ジョギング、筋トレ、踏み台昇降。

 

信号が変わりかけぐらいの時しか走る事なぞなかった俺。

 

パンク文化に復帰してある意味良かったのかもね。

 

普通にオッサンとして生きていたらここまでアクティブになっていなかったと思うし。

 

後ね、ライブハウスでお知り合いというか顔見知りも増えましてね、正直こんなオッサンがなんかすいませんって思ってるんですよ。

 

みなさんいい人ばかりでね。

 

カズー常連で忘年会とかしたいですね。僕から動く事はありませんので誰かお願いします。

 

生きているその時の状況でゲームだったりアニメだったり音楽だったり、ハマる物が変化する僕ですが、とりあえずはパンクな日々がもう少し続いていくんだと思います。

 

 

 

好きな事を好きなように楽しむ為に、今日も筋トレに励むのです。


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
ツイッティン
..
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM