邪悪道

「攻略記」に関してはネタバレを含み、「攻略」になっていません…
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ツイッティン
..
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
どうでしょう小祭に行ってきました
写真等、ネタバレを含みます。これから行く予定のある方はご注意ください。(公式サイトに堂々とご丁寧に細部までアップされている写真程度ですが。あ、イヤミです)
 
あと私個人の感想です。「何様?」と不快になられるかと思います。ご注意ください。
 
 
感想はね、事前にだいたいわかってた事ですがね、正直に言うと「まー、こんなものね」
 
基本的に天の邪鬼なもので周りが盛り上がれば自分は下がる。
 
というか今回の小祭に関しては小祭自体の内容とそれに対する周りの反応が比例してなかったように感じる。
 
・軽いタッチで渋谷で展示でもするかい・8年前行列すごかったからチケット制にするかい
 
結果、「チケット大争奪戦」
 
そしてオークションに溢れかえり、値段が高騰するチケット。
 
洋ちゃんがどうでしょう藩士の事を「永遠のマイノリティ」と言っていたが、もはやどうでしょう関係はマイノリティではなくなってしまっているよね。
 
チケット発売日、仕事だった為にスマホでローチケにアクセス。
 
30分まったくつながらず。
 
仕事しながら隙を見て祈るようにスマホ操作するがまったくつながらず。
 
適当な理由つけて外に出て、ローソンで直接ロッピーを操作、この時点で希望の日曜分が完売。
 
仕方ないので月曜に日をずらしてやっとチケットを確保。
 
すげー疲れた・・・・・・「なんなんだよこの状況・・・?」
 
 
天の邪鬼発動。
 
最近の動向まで含め改めて「ちょっと調子に乗ってんじゃねぇの?」と感じてしまう。
 

最新作「アフリカ」のあの内容。それに対する開き直りコメント
 
藤やんの公私混同とも思える行動。自身の趣味のマラソン関係のグッズ展開、役者としての舞台出演。
 
 
まー、せっかくチケット取れたのだから「楽しもう」と無理やり思い込んでいたが、併設のどうでしょうカフェまで「チケット制」
 
そしてオークションに溢れかえり、値段が高騰するチケット。
 
 
度重なるチケット争奪戦に疲れ、この小祭に対しての楽しみは薄れていってしまう。
 
それでも楽しもうと事前に公式サイトをチェックしたり。
 
公式サイトには祭会場、カフェの様子がご丁寧に細部まで写真付きで説明されてる。
 
「もう、行った気になってしまった・・・・・・」
 
ただでさえ小規模の展示、もはや写真で見るか肉眼で見るかの違いでしかないではないか。
 
 
そしてチケットを確保していた10月6日(月)まさかの台風が関東を直撃。
 
・・・・もう・・・やる気完全にオフ。
 
14時の回、台風直撃されたら間に合わない。
 
「もう、行かなくていいや」とさえ思ってしまっていた。天の邪鬼をこじらせ完全にスネてやさぐれていた。

 
どうでしょうさんサイドからこの台風に関して「特例措置」が取られた。6日に限り、電車の遅延等あった場合、その後に時間を振り替えて入場させてくれると発表があった。
 
よかったよかった。とりあえずこれで見る事はできる。
 
天の邪鬼・・・一安心。
 
ホントはね、そりゃ行きたい。
 
去年の北海道での「どうでしょう祭」腸がちぎれまくる程の想いで参加を断念し、その後も「行っておけばよかった」と後悔ばかりしていた。
 
台風に対し直前でこの対応、これでなんの対応もなかったらさすがに見限ってしまっていたかもしれない。大好きなどうでしょうを嫌いになってしまうところであった。
 
この対応で小祭に関して初めてスタッフサイドの「愛」を感じる事ができた。
 
当日、天気予報は完全に関東台風直撃。
 
山梨から参戦の我々夫婦は10時の高速バスを予約していた。
 
結果、事前に買ってあった傘を1回も開く事なく普通に渋谷到着。
 
列に並び、入場。
 
うん、事前にサイトで見てしまっていたから新鮮さはないです。
 
逆にもっと広いと思っていたのだが、展示自体はあっという間に終わってしまい慌てて戻ったり。
 



  
地味に一番テンション上がったのはユーコンのスプレーがあった事。
 
 
衣装は期間中に入れ替えがあったよう。
 

  
 


 
衣装はおさわり自由。スタッフさんが「是非メタリックの含有量をタグを見て確認くださーい」と言っていた。

 
55分の時間制だったが、30分程度でグッズ買って退場。
 
お次のカフェまで待機。
 
そしてまた行列、しばらく待たされて入場。
 






  
牛乳とずんだ、おみやげに鬼ぎり2個。
 
サイトでネタバレされてたけど「バレンチノ」と「雪面の飛び魚」が見れました。
 

   
 



 


カフェ内に飾られたこの掛け軸が一番欲しかった。商品化しないかしら。
 
そしてガチャガチャだけで数千円使い退場。
 
計算してないけどかなりの散財。
 
「一生どうでしょうします」と決めた人間の重い十字架。そしてまた15日にはDVD購入の年貢を納める。
 
まー、好きだからいいんですが。

 
今回の小祭に関しては、もう少しどうにかならなかったのかなー。
 
全体通して「こんなもんか」と思ってしまった。苦労してチケット取って、当日並んで・・・え、これだけ?
 
どうせチケット制にするならもっと広い会場で、もう少し展示増やして欲しかった。
 
まー、人によって感じ方は違うでしょうけどね。
 
本家の「どうでしょう祭」には遠く及ばなかった内容だったんでしょうね。
 
まー、「一生どうでしょうします」と決めた人間は一生の事なので色々な事が起きるのですね。
 
 
業は深い。

 
スポンサーサイト
- | 12:46 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://batou.jugem.jp/trackback/912