邪悪道

「攻略記」に関してはネタバレを含み、「攻略」になっていません…
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ツイッティン
..
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ECHOES2016に行ってきました

皆さん。こんにちは。お元気ですか? 僕は普通です。

 

そもそも、ゲームの進捗状況の報告的にはじめたこのブログですが、すっかり日々の記録というかライブ行った記録になっていますが・・・もはやどの層向けに記事を書いているのか、需要があるのかわかりません。

 

毎日、なぜかある程度のヒット数がいまだにあるので、今できる事を僕なりに精一杯綴ります。

 

嘘です・・・暇つぶしです。

 

 

相変わらず、無駄に長いですよ。

 

 

さて、去年も参戦したHawaiian6主催、パンク・ハードコアの祭典「ECHOES」新木場、今年も行ってきました。

 

 

 

去年は嫁と2人での参戦でしたが、今年は嫁がとある資格の試験があり俺のぼっち参戦。

 

いいんです、慣れてます。

 

タイテ上、最後のハワイアンをアンコールまで見てコーストを出ると、終電ギリギリになる。

 

22:00に終わったとして。

 

集団かき分ける→ロッカー出す→Tシャツ着替える→なんならコーストの看板の写真を撮る→新木場駅22:17分発→新宿駅22:55分着→甲府行最終23:00発

 

分刻み・・・

 

なにかが少しでも崩れたら成立しないタイムスケジュール。

 

1回でも転んだら間に合わないレベル。

 

それこそ、道の途中でゲタの鼻緒が切れた町娘なんかいたら、Tシャツかなんかを口でビッと破いてゲタを直してやってたら間に合わないレベル。

 

なんなら、不治の病かなんかで道に倒れているお嬢さんなんかいたら、「誰かきてくださーい!」なんてここが世界の中心かってぐらい愛をさけんでいたら間に合わないレベル。

 

よもや、途中の川で桃でも流れてこようものなら、中から赤子が出てきて、犬・猿・キジをも巻き込む一大歴史スペクタクルにまで発展してしまっていたら間に合わないレベル。

 

まー、いーや。とにかくギリギリなのさ。

 

だしね、終電気にして最後に時計チラチラ見てたら楽しめないからね。

 

金で解決できるので、ホテルを押さえました。

 

で、ライブ遠征とおいしいラーメンを食べるのはセットなんです。そう決まっているのです。

 

残念ながら新木場にはなんもないので、翌日においしいラーメンを食べる計画に。

 

当日。

 

8:30発の高速バス。

 

甲府駅から乗り、座席にいくと、「え??」俺の隣の席に知らん若いねぇちゃんが座っている。

 

お互い思っただろうね 「・・・隣、いるんかよ」

 

仕方ないので、着替えでパンパンに膨らんだリュックを網棚に乗せる。もうパンパンすぎて・・・なんとか押し込む。

 

俺、窓側、ねぇちゃん乗り越え、座る。

 

あ!バスに乗りながら優雅に飲もうと買っておいたコーヒーがリュックの中だ・・・

 

いまさら、出せない・・・

 

耐えよう。

 

隣のねぇちゃんに触れないよう、ハラスメント的な感じにならぬよう小さくなって耐えていよう。

 

ねぇちゃん、遠慮なく納豆巻きを食べだした・・・

 

・・・耐えよう。

 

で、バスの到着が30分程遅れる。

 

昼飯を食っている時間がなくなった。先に入場してロッカーを確保しておいた方が安全だなー、と頭で考えていたのに気付いたら駅でカツカレー食ってた。

 

まー、あるだろ、ロッカー。

 

12時開場を少し過ぎて、入場。

 

もう30バンドともなると、物販欲がハンパない。

 

目移りするなんてもんじゃない。

 

とりあえず、とりあえず、事前に欲しかった物だけ買おう、とりあえずだ、落ち着け。

 

OATのコーチジャケット、ロンT。公式Tシャツ、ハワイアンTシャツ。バッジ。

 

もう、これだけで抱えきれねぇ。

 

とりあえず、とりあえず、一旦ロッカーにぶち込む。

 

で、他のバンドの物販をゆっくり見ようと思ったが、各物販バンドメンバーがいて緊張してロクに見れない・・・

 

その時、ジャイアントループT着ていたんですが、ノーイヤーメンバーの視線が暖かく感じました。(俺、主観)

 

もうキリがないので、一旦たこ焼き食う。

 

場内には勝手に顔見知りの人達ばかり。

 

カズーホールでその他ライブ会場でよく会う青年、通称「フォゲミ君」の姿も。

 

まー、コミュ障なので俺から話しかける事はない。

 

そうこうしてると開演。ここからが忙しい。

 

会場内4ステージ。

 

次々と移動。

 

エンズ → サバンナマン → ノーイヤー

 

その日、本調子ではなかった。

 

喉が痛く、鼻がムズムズ、どう考えても風邪の初期症状であったが、あたし気付かないフリをしていたの。認めたくなかったの。

 

なので、悪化してしまわないようにマジで「大人見」しようかと思っていた。

 

思っていただけで、結局ノーイヤーでピットイン。

 

山梨で見るファンは例のフォゲミ君ぐらいしかいなかった感じ。

 

でも、すごい盛り上がり。さすが、ハードコアの祭典。わかっている奴らでピットは荒れる。

 

テツヤさんがフロアに降りなくても、モッシュは激しく、ダイバーの嵐。

 

もう、親心じゃないけど。俺がうれしくなってしまった。

 

終わった後、しばらくそこにいると、フォゲミ君と目が合う。

 

「あ、お疲れ様です」と俺に笑顔で挨拶してくれるフォゲミ君。初めての事だ。

 

きっと、県外のアウェイの状況でノーイヤーが最高のライブ、いつもいるオッサンについ声をかけてしまうぐらい彼のテンションは上がっていたのだろう。

 

「あ、お疲れ・・・・よく会うね」と肩を抱き健闘を称えるだけで精一杯さ。

 

挨拶されると思ってなかったからね、まー、慌てたさね。なんかいいオッサンを演じてみたけど超焦ったさね。でもまー、お互いのTシャツはびっちゃびちゃさね。

 

照れくさいので、その場を離れる。

 

今度、カズーで会ったら奢ってあげよう。

 

ノーザン → ミルクカウ 

 

ミルクカウ、スゴかった・・・

 

去年ノーマークで見てなかったのだが、「火を噴いた」「アンプがダイブした」と後になってから噂だけを聞いた。で、コースト出禁になったと。

 

したら、まさかの今年も出場。

 

バーステージは「何が起きるのか?」と期待する人々で満員。

 

なにより、バンドマンのギャラリーが多いw

 

ヴォーカルのツルさん、登場し、いきなりフロアに持ち込んだ脚立からダイブ。

 

そんな「脚立からダイブ」なんて事がかわいく思えてしまう事例が次々と起こる。

 

「3階ぐらいの高さの柱からダイブ」「紙のパンフレットを食す」「板に乗って移動する」

 

もう、ライブというか大道芸。

 

まー、笑ったけど。

 

 

満を持してツルさん、火を噴く。

 

「ケガのないように楽しんで」のMCが一番笑った。

 

 

 

ここまでで約半分。まだまだイベントは続く。

 

メインステージ。OVER ARM THROW。ピット内は関東近辺でよく見る人達ばかりだ。その中にフォゲミ君もいて、彼ったらまた俺に対して超笑顔で会釈してくれるのでもう照れくさいったらない。

 

OAT → コーストガーズ → グッフォー

 

ここで一旦ロッカーを開けてお色直し。風邪にまで発展するといけないのでロンTを着て後半戦に備える。

 

カオマンガイ、ハンバーガーを食らい栄養補給。

 

ストンピン → ロコ(半分)

 

の予定だったけど、屋内サブステージのロコが客でパンパン。

 

一度入ってしまうと途中で抜けられそうもないので、野外ステージのカモメへ移動。

 

たまには、最前で見てみようと思い最前確保。

 

Kamomekamome、去年もバチバチのハードコア全開のライブだったけど、トリを任された今年はさらにバッチバチ。

 

「お茶のひとつも出さないが、土足でかまわねぇ、ドンドン上がっていってくれ」

 

もう、ステージダイバー続出。もう、前から後ろから、どっから飛んでくるかもわからねぇ。

 

袖で見ていたバンドマンもガンガンとステージダイブ。

 

最初こそステダイ受け止めてやってたけど、目標にされまくりでウザいので、最前から離脱。モッシュピットへ。

 

血管切れるかと思うぐらい俺もテンション上がった。

 

もう、すっかり風邪っぽいの治ってた。ロンT着たの裏目った。暑い・・・

 

大人見している時よりピットで暴れた方が風邪っぽい症状が緩和されるようだ。

 

 

はっ! すぐメインステージに行かなければダストも見たい。

 

屋内へ急ぐ。

 

ダストを半分見て、最後 主催ハワイアン。

 

本当にハワイアンはいつどこで見てもいいライブをしてくれる。

 

アンコール。レインボーレインボー。

 

一番大きいサークルに入り損ねる。

 

どうしようかと見渡すと楽天さん(楽天のユニフォーム、帽子、タオル、驚異的なスタミナでモッシュピットにずっといるライブ・フェスでの有名人)

 

楽天さんが10名程度のサークルを作っていたのでそこに所属。

 

最後に楽天さんとがっちりと握手。

 

例のフォゲミ君とも健闘を称え合おうと思って探したけどいなかった。

 

時計を見ると22:00。 終電間に合わないから帰ってしまったんだろう。

 

ECHOES2016 新木場。 去年にも増して最高なイベントだった。そりゃこのメンツで楽しくない訳がないけどね。

 

来年も開催してくれるそうです。

 

 

1駅しか離れていないホテルだったので、黒バンT、黒ハーパン、タオル、頭とかびっちゃびちゃのまんま向かったら、ディズニー帰りのカップルやご家族に囲まれて「なに?この人?」みたいな完全アウェイ状態に陥りました。

 

以後、気を付けます。

 

 

翌日は都内のラーメンツアーを開催、2店舗おいしくいただきました。

 

 

 

来年、皆さんのご参加お待ちしております。

スポンサーサイト
- | 14:25 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://batou.jugem.jp/trackback/973