邪悪道

「攻略記」に関してはネタバレを含み、「攻略」になっていません…
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ツイッティン
..
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Hawaiian6のライブに行ってきました

ダイバーを上げていて両手がふさがっている状況でさらに後ろから他のダイバーが流れてきて、仕方なく首だけで支えダイバー処理したら首が死にました。

 

首を気にしてばかりなので、さすがに職場で「どうしたんですか?」と声をかけられましたが「ライブでやった」というのも大人としてどうなんだという感じだし、そもそも「ダイバー」という登場人物についての説明からしなければならないので「寝違えた」の一言で済ませておきました。

 

首を曲げる事ができずにロボットのように動き、超いい姿勢で背筋ピーンでパソコンに向き合いこの記事を書いています。みなさんお元気でしょうか?

 

そうそう、みなさん! やい、みなさん!!

 

なぜ、俺のライブ企画に参加してくれないのですか?

 

今回こんなにも魅力的なコスト度外視の大人の休日プランをご提案申し上げまくってるのにだ、1人も参加がないなんて。

 

 

平日でしたからね、そうですね。

 

そもそも俺が1人で勝手にライブ行きまくってるだけですからね、そうですね。

 

いいさ、俺、楽しい。

 

ぼっち参戦とか、普通。

 

 

まー、今回のプラン、半分はパクリ。

 

Huluで「渡部の歩き方」というアンジャッシュ渡部の地方の食べ歩きに密着するという番組があり、その中で静岡の「石橋うなぎ店」その後「天神の湯」日帰り温泉に寄るというそのまんまの流れ。

 

俺、即、それ採用!

 

ライブは夜からだが、うなぎ食いたいだけの理由で午前中には甲府を出発。

 

約2時間かけて、到着。

 

 

暖簾が逆なのは、食べた後のお客さんが帰る時に店の名前を覚えてもらいたいからだそう。

 

店内、混んでる。テーブル席がいっぱいでお一人様の俺はカウンター。

 

さて、まずは。

 

 

ゆがき(肝の塩ゆで)

 

うまいなー。クセがなくワサビ醤油でさっぱりと。

 

普通ならこれで酒なんだろうが、酒を飲めない俺は茶をすする。

 

で、

 

 

一本焼きうなぎ定食。ライス大盛り。

 

まるまる一匹。蒸さずに焼く関西風。なので表面の皮はパリっと、中はふわふわで濃厚なタレをまとっている。

 

おおぶりに箸で取り、白飯にバウンドさせて、口の中に、溢れるうなぎの脂、濃厚なタレ、そこへ白飯。

 

・・・・至福。

 

思わず目を閉じる。瞳を閉じて。

 

なんなら平井堅が出てきて歌ってもおかしくない。

 

そーれだーけでーいーひ〜とか裏声駆使しちゃってもおかしくない。

 

や、むしろご本人登場っつって出てきて歌ってほしい。うなぎ屋の裏から。

 

 

 

ちなみにこの定食3900円です。

 

高いと思うか安いと思うかは人それぞれですね。俺は、また来ます。

 

 

で、その流れで日帰り温泉「天神の湯」

 

まー、温泉施設としては普通。

 

マッサージを受け、ライブ開演時間まで休憩部屋で休む。

 

ふと、起きると俺の周りに誰もいなく、軽くノドが痛む。

 

またイビキかいて寝てたらしい。

 

周りには申し訳なかったが、うなぎ食って、温泉入って、マッサージ受けて、仮眠して、もう万全。

 

軽くコーヒーとサンドイッチを入れて、超気分良くライブハウスへ。

 

 

 

 

開場まで、待機。

 

カズーホールで良く見るパンキッシュな服装のカップルが。

 

へー、来てるのねー。

 

女性の方が「反核」のワッペンをTシャツに縫い付けてあったので俺の中で「反核ねぇちゃんカップル」と呼んでいた。

 

失礼ですね、俺の中での事なので許してください。

 

 

そうこうしているとSEがかかりハワイアン登場。

 

ワンマンならではの新旧織り交ぜたセトリ。

 

普段聴けないような曲も多く、もう最高。

 

ピットも荒れ、ダイバーも引っ切り無し。

 

ピット後方、通称「冷静と情熱のあいだ」近辺で予備動作もなくいきなり肩に乗られ、結構な重さで、周りのサポートもない状況で、仕方なく密集地帯まで運んで投げたが、すぐ落ちた男が。

 

 

この、ヘタクソが・・・・・こないだもこいつ落ちてたよな。

 

頭来たので、近寄られた時に脇腹に2発入れといた(嘘ですよ)

 

せっかくですので図解しましょう。(絵と字が残念な事は自覚してます)

 

 

密集地帯に近い「Aライン」

 

このAラインの近くであれば、発射台は腰を屈めて少しサポートしてやれば跳び箱の要領で簡単にダイバーは上に乗れる。

 

「Bライン」近辺で発射台の指名をもらう事がよくある。

(俺がこの辺の周りにスペースがある状態が好きなので)

 

そうすると、発射台は「BラインからAラインまでモッシュピット内をダイバーを運ばなければならない」

 

なので、発射台の負担を考えていただくならば、なるべくAライン近くまで来てから上がってもらいたいのだ。

 

そもそも、スカスカのピット内をお前はどうやって転がるつもりなんだ?下が運ぶしかないだろ?ちったぁ考えろよ、という感じ。

 

ダイバーの左右の肩にそれぞれ1人づつ付いて2人で上げる場合ならまだいい。

 

だし、体の小さい女子だったら俺も1人で運べる。

 

お前はダメだ、よく覚えとけ。そもそも飛べる体型じゃねぇよお前は。支える側の体型なんだよ。

 

 

まー、いいや。これからも俺はお前を避けるから。来やがったら発射台失敗したフリして叩き落とす。(嘘ですよ)

 

 

 

途中、なんの曲か忘れたが、知らん女子に発射台のご指名をいただく。(ちゃんとAライン近辺でしたよ)

 

全然サビ前で「え?今?このタイミング?」と思ったのでサビになったら投げてやろうと「お姫様だっこ」の途中の状態でサビがくるまで待ってあげていた。

 

知らん女子もその意味を察してくれたらしく笑顔で会釈をいただいた。

 

お姫様だっこの状態で目が合う2人の見知らぬ男と女。

 

汗臭いモッシュピットの中、2人の周りだけお花のキラキラしたエフェクト出てる勢い。

 

 

なにかが始まってしまってもおかしくない状況。始まらないにしても感謝とかされていいぐらいの事例。

 

まんざらでもないさ、されたいさ、感謝。

 

まー、そんな事なぞ起きるはずもなく、顔も覚えてねぇけどね。

 

でも、たまにいるのよ、ライブ終わった後「上げてもらってありがとうございました!!!」とか言ってくれる人。

 

まー、たいがい男子だけど。

 

 

 

で、ピットで激しく暴れていて他人のヒジが思いっきり俺の鼻にヒット。

 

久々のクリーンヒット。クラクラしましたよ。

 

曲間に鼻をまさぐると、「あ、鼻血出た・・・」

 

タオルが軽く血に染まる。さいわい流れるような感じではなく、鼻の奥から血の塊が次々出てくる感じ。まー、手は軽く赤く染まる。

 

ちょうど隣に顔デカムサ野郎がいたからそいつのTシャツで血を拭いておいた(嘘ですよ)

 

で、初期の名曲。聴きたいと思っていた「EVER GREEN

 

鼻血をもろともせず、全力でモッシュ。最後だろうと思って体力全部使い切る。

 

したら次の曲が「TINY SOUL」ダイバー続出。処理に追われる・・・で、首で処理してしまってムチウチ状態に。

 

もう毎度毎度「TINY SOUL」ってダイバー処理してるだけで曲終わってる気がする。

 

なのでこの曲、好きだけど嫌い。

 

最後はレインボーレインボー。いつもなら知らん奴らと肩を組みグルグル回るんですが、俺のHPはほぼなく端っこで見る事しかできませんでした。

 

さすがハワイアンのワンマン、恐るべし。

 

えー、覚えてる限りはっちゃんのMC

 

「サバに当たりました。医者に酒を止められたのでSTOP THE SAKE TOURというツアータイトルにした」

 

「今年も色々あったよな。ゲスの極みの彼?対バンしたいんだよ」

 

「来週はエアージャムがある。人間なので少しは意識してしまうかもしれないが、気持ちとしてはライブハウスでやるのとなんら変わらない」

 

「横山さんとは15歳の時にバイト先で出会った。3年間バイト代が全く上がらず「大人なんて」とずっと思っていた。そんな横山さんがピザオブデスを作り、いつでも俺達の兄貴でいてくれている」

 

「来年は結成20周年。いい意味でふざけた年にする。ECHOESも過去最大規模でやる」

 

「音を楽しむと書いて音楽。とにかく一生音楽してください」

 

MCを振られたグレは「年末のお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます」と超普通の事を言い。勇太君にマイクを捨てられていました。

 

最後には珍しくメンバー全員フロアへダイブ。この日もいいライブでした。

 

 

車で絞れる程のTシャツを着替え、静岡ライブ後のお楽しみ「炭焼きさわやか」へ。

 

駐車場、ピザのロゴシールが貼ってある山梨ナンバー。

 

中に入るとトイレから山梨の「反核ねぇちゃん」が。

 

へー、来てるのねー。

 

と、トイレに入ると、反核カップルの男性の方がトイレに入ってきて、

 

「山梨の方ですよねー、アンバーでも声かけようと思ってたんですけど」

 

と、予想外にいきなり話しかけられる。

 

えーとね、別に俺はね、他人と関わるのが面倒な確信犯的コミュ障なんだけど、趣味が合う人とか「仲間」と認識した人とは絡むの嫌じゃないんですよ。

まー、人見知りではあるけど。

 

で、「よくカズーでもお会いしますよねー」としばしトイレでトーク。

 

で、「どんなの聴くんですか?」と質問があったので、今後のライブ参戦予定を話すと「い、忙しいですねw」と軽く引かれた感じがしました。

 

見た目、アーミージャケットにワッペンとか破れた感じのパンツだったりで、道で会っても絶対話しかけないようなご夫婦ですが、すごくいい人でした。

 

たぶん、俺の実年齢を教えたらさらに引かれるんでしょうけど。まー、もはや気にしてません。気にしてたらとてもピットになんて入れません。

 

あ、で、バーグね。

 

 

最近では、半分「塩こしょう」で食べて、半分オニオンソースかける感じが好きなんです。

 

で、

 

 

さらに、帰り道に「つけ麺大盛り」をペロっとたいらげてしまうんです。

 

いい、休日でした。

 

 

あなたのご参加お待ちしています。

 

 

スポンサーサイト
- | 09:11 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://batou.jugem.jp/trackback/976