邪悪道

「攻略記」に関してはネタバレを含み、「攻略」になっていません…
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ツイッティン
..
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2017年これまでのあらすじ

特筆するべき事もオチもありませんが、ごく一部の方からリクエストをいただきましたのでダラダラと綴ります。まいどありがとうございます。

 

また、無駄に長いです。

 

年が変わり、2017年。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

もはやオッサンともなると年が変わるという事はオッサンレベルが1上がるという事で、それはもはや「成長」ではなく「老化」

 

一応、まだライブを楽しみたいと思っているのでね、老化に対抗しようと筋トレしたりしておる訳です。

 

昨年も月1ペース、時には月2.3ペースとライブ・フェスに参加。

 

いい歳したオッサン社会人としてはあまり好ましくはない状況であると自覚はしている。

 

まー、人それぞれだし気にする事ではないとは思うが。

 

社会的に好ましくない状況ではあるとは思うし、ここ最近、自分自身ライブに対する高揚感のような物が薄れてきている事を感じていた。

 

2014年のジャイアントループフェスがきっかけとなり、パンク文化に復帰。

 

2015年 順応の年。空白の十数年をむさぼるように埋める。CD聴きまくり、貪欲に知らないバンドの情報を得る。他県のライブハウス、フェス情報を調べる。かつてそうしてきたようにモッシュピットで順応できるよう体を鍛える。

 

2016年 現役復帰の年。現在のライブハウス・フェスの状況にも慣れ、オッサンなりに適応。バンTは30枚以上、ラババンも20本以上、行けるライブに片っ端から参加し楽しみまくる。

 

2017年 応用の年。と言うかもはや「慣れすぎ」てしまっているようだ。

 

・「今日のピット、客層あんまよくねぇなー、大人見すっかなー」

 

・「来月もこのバンド見るし、今日は軽く行っとこー」

 

・ダスト、テンフィ、サークルピットの定番曲がかかろうとも「俺、サークルなんざしたくない!」

 

など。

 

ライブハウスでも顔見知りができ、「どもー」なんつって会話しちゃったり。

 

2014年、利根リバージャムで見たkamomekamome、シーン復帰後初めて考える前に体が反応しモッシュピットに突っ込んでいた。

 

そんな爆発的な衝動、高揚感がすっかりなくなってしまっているようだ。

 

なので、2017年はライブ参戦を少なくとも「2ケ月に1回」程度に抑えようと初日の出に誓ったのだ。ライブ参戦を特別な物にし楽しむ為に、あえてライブ本数を減らすと。

 

で、

 

1月15日 OATサーキットフェス 横浜

 

1月28日 39degrees  渋谷O−WEST

 

2月22日 カントリーヤード 渋谷O−NEST

 

2月28日 dustbox  静岡アンバー

 

3月9日 10−FEET 豊洲PIT

 

3月15日 39degrees 甲府 カズーホール

 

2ヶ月で6本。

 

あれ・・・おかしいな・・・悪徳事務所にこき使われる某芸能人ばりにスケジュールがびっちりじゃないのさ。出家すんぞ。

 

なんなんでしょう、自分で予定入れておいて自分でその頻度に引く感じ。

 

どこが2ヶ月に1回やねん。

 

ここ最近では嫁にも見放されてましてね、嫁が本当に行きたいライブ以外は付き合ってくれなくなりましてね、安定のぼっち参戦だったりしますのよ。おほほ。

 

39degreesとか、嫁と車一緒になる時にずっとかけて、しめしめ、これで嫁も39のライブに行きたいはずだと、

 

「39の渋谷だけどさー・・・」

 

「はい、行ってらっしゃい!」

 

と、呆れ気味に食い気味に断られてしまったりしています。

 

あたい、さみしい。

 

 

 

2017年 後半はライブ本数抑えます。(予定)

 

 

 

そんな感じなので、特筆するような事もあまり起きません。

 

・1月15日 OATサーキット 横浜

(記事にしたので割愛)

 

 

・1月28日 39degrees  渋谷O−WEST

 

若手??どっちかって言ったら若手バンドだよね。39の渋谷O−WEST。バンド史上最大キャパでのツアーファイナル。

 

カズーでの対バン、企画で見て、好きになったバンド。

 

正直、最初YOUTUBEかなんかで見た時はピンとこなかったんだけど、数回ライブでみる内にドンドン好きになっていった。

 

若いバンドがバンド史上最大キャパに挑む。クサいけど、夢を一つ叶える瞬間に立ち会いたいと先行で早々にチケットを押さえていた。

 

で、一週間前に発表になった対バンは先輩であるカントリーヤードとノーザン19

 

 

先輩バンドを従えて、堂々と、パンパンになったO−WESTに拳が上がりまくっていた。

 

実際、モッシュやらダイブは控えめだったけど、そんな事は関係ない、熱いいいライブをしていた。

 

夢を一つ叶えた若者たち。

 

俺もオッサンになっちまったけどさ。自分自身の夢の為に走る。まだ、間に合うはずさ。

 

急げ、残された時間は少ないんだ。

 

 

 

渋谷から新宿。評判のラーメン屋、長蛇の列・・・・

 

俺の夢、あっさり破れる・・・・

 

 

ぐぬう、仕方ない。他の店、他のドリームを検索。

 

これだ、ここがいい。すごい煮干しラーメン凪 新宿ゴールデン街。

 

急げ、終電まで時間の余裕はない。俺、小走る。

 

「負けないでー、もう少しー♪」

 

どこからか脳内にZARDの曲とか流れてくる。

 

スタジオには応援のFAXとか続々と届いているに違いない。

 

深夜です!番号のお間違いにお気を付けください!!

 

「あーなたーのー夢をー諦めーないでー♪」

 

もう1曲リクエスト入りました。

 

深夜です!深夜です!番号のお間違いにお気を付けください!!

 

 

辿り着くが・・・ここも行列。

 

もう、いいや、終電よりラーメン。間に合わなかったらネカフェにでも泊まればいい。

 

 

うめぇ。煮干しのドリーム感がハンパない。

 

一応、終電の時間もあるので急いですする。

 

濃厚煮干しスープの返り血がパーカーにビシビシと。

 

こっそり洗濯に出したパーカー、シミが落ちなく、嫁に怒られてしまいました。

 

やんちゃなもんでね。すいませんね。

 

これだから「白いパーカーかわいい、欲しい」と言うと全力で否定されてしまうのである。

 

 

・2月22日 カントリーヤード 渋谷O−NEST

 

OATサーキット、39の対バン、そしてこの日。年明けから3回目のカントリー。

 

追っかけかってぐらい見すぎだけど、飽きる事はない。

 

もう、来すぎててなんの予定も魅力もない渋谷の街。

 

この日は嫁と一緒。

 

予定を嫁に任せ、渋谷のカフェなんぞでパンケーキなんぞを食したり。

 

自然素材だかなんだか知らないが、健康志向だかなんだか知らないが、たいして甘くもないパンケーキだった。女性に人気だそうです。

 

・・・・

 

しゃらくせー!!!!!なんだこの店!!!

 

自然素材がいいならその辺の山行って草でも食え!

 

健康気にするなら豆腐でも出せ!!

 

甘さ控えめ???控えるぐらいならパンケーキ食うな!!

 

太る覚悟がないなら、甘い物なぞ食うなー!!!

 

と、僕は思ってしまう程、シロップはいくらかけても甘くなく、もっそもその口の水分全部持っていかれるパンケーキ。健康にはいいのだろうが、うまくない。

 

まー、文句も言わず食ってたけどさ。

 

しゃらくさい店でした。別に嫁に文句がある訳ではありません。

 

渋谷って色々あるけど、逆になんもない街だよね。

 

で、渋谷O−NEST。

 

 

勝手に顔見知りが少ない。

 

「ハゲ君2号」ぐらい。まー、単純にハゲてる奴なんだけど。ハゲ君2号はたぶん静岡の奴なんだろうな。アンバーでよく見るし。

 

ハゲ君1号は山梨でよく会うハゲだったりします。

 

まー、勝手に顔見知りなだけなのでハゲと会話とかはしません。

 

でもまー、ハゲ君2号もきっといい奴なんだろうなー。静岡アンバーのハワイアンの時、はっちゃんのMCで号泣してたし。あまりにビービー泣いてるからお腹でも痛いのかと心配しちまったよ。

 

ライブ前、この日もよくない傾向が出て、ピット入らないで大人見しよーと思い嫁と上手3列目ぐらいで待機。

 

「俺、今日暴れない。ピット、痛いからやなんだよね」

 

と嫁に言うと「ぷっ・・・いまさら何言ってんの?」と笑われました。

 

で、ライブ開始。

 

狭い・・・自由にノレるスペースが欲しい。

 

と、じわじわと移動、空間を見つける、結局そこはモッシュピットと呼ばれる場所でした。

 

で、結局、ピットの住人に。結局、びっちゃびちゃ汗だくで最後嫁と合流。

 

「ほらねw」と嫁に笑われました。

 

 

・2月28日 dustbox  静岡アンバー

 

この日は友人てーさんと参戦。

 

実際、この日はダスト行くつもりではなかった(ほら、ライブ本数減らそうとしてるでしょ)

 

年末にてーさんと飯行った時に「たまにはライブハウスでもどうだい?」と誘い、だったら2月に静岡でダストあんぜと。

 

前日の電話。

 

「いよいよ明日だねー」と平日に有給を取り、久しぶりにライブハウスに行く彼のテンションは軽く上がり気味だった。

 

「そうか、明日かー、めんどくせーなー」とつい本音が出てしまう俺。

 

彼としては十数年ぶりのライブハウス。僕としては6日ぶりのライブハウス。

 

温度差はハンパない。

 

なんなら俺の気温はマイナスと言ってもいい。だって静岡まで行くの面倒だもの。

 

「ライブ慣れしすぎだ」と、軽くテンションの高い彼に怒られつつ、予定を決める。

 

当日、昼集合。山梨から静岡へ向かう。

 

富士宮で名物のやきそばでも食べようと店を調べるが、営業時間外ばかり。

 

ライブを中心にすると飯屋の時間が中途半端になりがちだったりする。

 

仕方なく、とりあえずつけ麺を食い、静岡辺りでおでんでも食おうと向かう。

 

勝手知ったる感でアンバーとか何回も来てるんだぜー感全開で高速を車を走らせていたのですが、気付いたら全く知らない地名とか出てきた。

 

子供だったら泣いてもおかしくない。「ここどこー?マ、ママー!!」っつって。

 

方向音痴とは自分でも恐ろしい。

 

じわーっとなんとなく焼津まで来てしまったので、「焼津おさかなセンター」へ。

 

ほら、見なさい。俺のおかげで海鮮食えるぜってなもんで。

 

おみやげ買ったらいいじゃないってなもんで。

 

狙ってやった事ではなかったが、いい感じに時間をデストロイする事ができ、ライブ開場の時間が近くなる。

 

車でレギンス、ハーパン、タオルと装備を変える。

 

 

なんとなく当たり前になっている事だけど、彼としては当たり前ではないんだなーと改めて思う。

 

静岡アンバーへ。

 

 

ソールド公演の為に場内満載。

 

バーカン前にいると「当たり前体操」の芸人COWCOWの痩せてない方の人が。

 

そういや、この人パンク好きなんだよなー。

 

「まー、当たり前だよね」

 

「そう、当たり前だよね」

 

と会話にわざとらしく「当たり前」を入れて煽る悪いオッサン2人。

 

対バンのノーザンが終わり、ダスト。

 

状況、ピットわちゃわちゃ、狭い。

 

はい、今日はピット行かないー、上手3列目ぐらいで見る。

 

俺の嫌いな静岡顔デカむさ野郎もいるし、言っては悪いけど、アンバーってダイバーとかヘタクソが多く、負担が大きいので。

 

それは、ベースのジョージが「お前ら、危ないんだよ」と直接ダイブの指導をしてしまう程だったりすんだよね。

 

勢いはいいんだけど、「できる事」と「できない事」の判断ができてないんだよね。

 

「え?そこから飛ぶの?」みたいにピットの後方から乗ろうとしたり、スカスカな所を転がろうとするから途中で落ちたりさ。

 

まー、山梨県人に偉そうに言われたくないだろうけどね。

 

と、いいつつアンバー好きですよ、ライブハウスとして。

 

ダスト、俺は新譜気に入っていたので楽しめた。

 

サークルの定番曲「ハードルレース」

 

ぐるぐるとサークルが発生する。てーさん、サークルの中に俺の姿を探したようですが。

 

俺は最近では参加しません。なんかわざとらしくてね。

 

行きたい時は行くし、やりたいようにやってます。

 

てーさんも久しぶりのライブハウスを楽しめたようでよかったよかった。

 

静岡でのライブと「炭焼きさわやか」でのハンバーグはセットです。

 

おいしくいただいて、帰路につきました。

 

彼とは90年代からずっと、ありとあらゆるライブに行き、エアジャムも行ったし、台風直撃伝説の第1回フジロックにも行った。

 

またこうして時を経てライブに行ける事をうれしく思いました。

 

前日に「めんどくせー」と思ってしまってごめんなさい。

 

 

・3月9日 10−FEET 豊洲PIT

 

嫁と参戦。去年と同様、テンフィ豊洲。嫁のクジ運に感謝。

 

去年、体力が間に合わず、ヘロヘロになってしまったテンフィ豊洲。

 

今年は体力をつける為に自宅で踏み台昇降をひたすらやってきた。

 

YOUTUBEにあった外国人インストラクターの「踏み台エアロビ」みたいな動画見ながら日々エクササイズ。いい汗とかかいちゃってたり。

 

 

 

 

テンフィ、安定のいいライブでした。

 

体力の方ですが、最前ブロックに入らず、中央ブロックに所属していた為にそんなに激しくなかったので適度でした。

 

 

3月15日 39degrees 甲府 カズーホール

 

久々に地元。1月に渋谷で見たばかりの39。突然のドラム脱退、それに伴うツアー。

 

対バンに同レーベルの人気バンドMY HAIR IS BAD(合ってる?)が入った。

 

当日、仕事終わりで向かう。

 

 

え? 客多い・・・・

 

そして、客層が若い・・・・マイヘアTシャツ多し。

 

こんなパンパンなカズーホール、久しぶりに見た。

 

地元なのにアウェイ感がハンパない。

 

そうこうしてると、すっかり顔なじみになったB君が。満面の笑みであいさつしてくれる。

 

B君、数人の友達ときているようだ。俺はね、ぼっち。(嫁に断られた)

 

近づいてきてくれるB君。軽く会話。

 

会話するのはいいんだけど、B君の友人達の「誰?この人??」みたいな空気を感じる。

 

まー、改めて紹介するような感じでもないし、紹介されても照れるし。

 

ま、ありがたい事ですけどね。

 

ライブは各バンド、非常にいいライブをしていた。

 

いい夜だった。

 

カズーホール、甲府、39、ドラマーばく、愛に溢れたいい夜でした。

 

 

 

 

という事で、年始の誓いガン無視でライブ行きまくりでしたが、今後は抑えようと思います。

 

 

さあ、フェスの季節が始まるよ。

スポンサーサイト
- | 11:15 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://batou.jugem.jp/trackback/979